光岡自動車、アイ・ミーブをベースにした電気自動車「雷駆(ライク)」を発売

2010/04/23 05:02

雷駆(ライク)独創的な自動車を相次いで世に送り出している光岡自動車は2010年4月22日、新型の電気自動車(EV)『雷駆(ライク)』の予約受け付けを同年5月下旬(予定)から開始すると発表した。納車予定は同年8月以降。【三菱自動車、電気自動車「i-MiEV」を2010年4月から個人向け販売開始・460万円から】などでも紹介している【三菱自動車(7211)】のi-MiEV(アイ・ミーブ)をベースにした車体を元に全長を拡大し乗車定員を5人に変更、登録枠を軽自動車ではなく小型乗用登録としている。価格は428万円(税込、定価)(【発表リリース】)。


↑ 雷駆(ライク)
↑ 雷駆(ライク)

雷駆(ライク)同社では1999年に発売したマイクロカー(一人乗り宅配用電気自動車)「MC-1EV」など電気自動車周りの取り組み実績があり、この車種の生産終了後も研究開発は継続。昨今において電気自動車運用の環境整備が進む中、今回『雷駆(ライク)』を電気自動車企画の第一弾として発表した。

『雷駆(ライク)』はアイ・ミーブをベースにしたカスタム車で、外観は一部にメッキ加工を施した前後バンパーに変更。高級感のあるスタイリングに仕立てられている。最大の特徴としては全長を拡大し乗車店員を5人に変更(アイ・ミーブは4人)、登録枠を軽自動車から小型乗用登録にしている。

サイズは3.57(全長)×1.475(全幅)×1.61(全高)メートル。ボディーカラーはホワイトソリッド、クールシルバーメタリック、ブラックマイカ(※)、ミスティックバイオレットパール(※)、ラズベリーレッドパール(※)(※マークは特別塗装色)。

なお価格は定価428万円(税込)だが、2010年度は電気自動車導入補助金制度で114万円分の交付が受けられる予定であり、これを差し引きすると実質300万円強となる(「環境対応車普及促進税制(自動車取得税と自動車重量税の免税)」にも対応)。

アイ・ミーブをベースにしたとはいえ、中堅どころの光岡自動車が電気自動車を展開することにはそれだけで「電気自動車普及」を後押しする意味がある。今現在は難しいかもしれないが、各方面でさらなる普及促進・後押しの気運が起きて欲しいものだ。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー