発売22周年! 「果汁グミ」の価格据え置き・22%増量サイズが数量限定で登場

2010/05/20 07:04

増量モードの「果汁グミグレープ」明治製菓は2010年4月27日、同年5月18日から、日本の「グミ」のスタンダードとして親しまれている「果汁グミ」の発売22周年を記念し、容量を通常の22%増量した「果汁グミグレープ」「果汁グミゴールデンパイン」「果汁グミ白桃」の3種類を全国で数量限定にて販売すると発表した。価格105円(税込)、内容量63グラム(【発表リリース】)。

↑ 増量モードの「果汁グミグレープ」「果汁グミゴールデンパイン」「果汁グミ白桃」
↑ 増量モードの「果汁グミグレープ」「果汁グミゴールデンパイン」「果汁グミ白桃」

「果汁グミ」は果汁100(生果汁換算比。つまり濃縮された果汁を生果汁に換算すると、商品重量の100%に相当するようになっている)の濃厚なフルーツ感と、かみ心地の良い弾力食感を楽しめるグミ系の菓子。着色料不使用で、コラーゲンも摂取できる(弾力のある食感はコラーゲンの一種であるゼラチンからできているため)健康なフルーツグミで、今回の記念品は通常品より22%増量(通常品は51グラム・今回は63グラム)している。

コンビニやスーパーでは必ずと言ってよいほど見かける「果汁グミ」。あの独特の食感の心地よさがクセになり、まとめ買いをしている人も少なくあるまい。今回の増量キャンペーンはそのようなグミ愛好家にとって、またとない好機に違いない。

……あと11年経てば、33周年記念ということで「33%増量」版も登場することを期待したい。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー