【更新】ミスドから国産限定フルーツを使ったドーナツ「ジャパフル」登場

2010/06/03 05:53

ジャパフル[ダスキン(4665)]が展開するドーナツチェーン店「ミスタードーナツ」は2010年6月2日、同年7月1日から日本の産地限定フルーツを使ったフィリング(具材)をトッピングした商品「ジャパフル」を発売すると発表した。価格147円。期間限定発売で8月下旬までの予定([発表リリース])。

↑ 左から「ジャパフル青森産りんご」「宮城産いちご」「山形産ラ・フランス」
↑ 左から「ジャパフル青森産りんご」「宮城産いちご」「山形産ラ・フランス」

「ジャパフル」はふんわりとした食感のイースト生地のドーナツの上に、トッピングとして国産フルーツの中から産地限定のさっぱりとした甘さが特長のフルーツを厳選、それらを使ったフィリングを乗せたもの。商品名は「ジャパニーズフルーツ」の略で、1981年に発売された「アメリカンフルーツ」を復刻したもの。当時は1日1店舗当たり1200個ほどを販売する人気商品だった。

今回「ジャパフル」では1商品に1種類のフルーツを使用し、全部で9種類(青森産りんご、宮城産いちご、佐賀産いちご、山形産ラ・フランス、愛媛産夏みかん、和歌山産みかん、愛媛産いよかん、瀬戸内産レモン、高知産ゆず)を用意。地域毎に店舗単位で3種類を展開する。“りんご”や“いちご”を使用したものは全国店舗で購入することができる(フルーツの産地は異なる)が、もう1種は例えば東京・神奈川・山梨・新潟・長野・静岡なら「瀬戸内産レモン」、茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉なら「愛媛産夏みかん」のように、地域毎に違ったものが用意される。違った種類の「ジャパフル」を楽しみたい人は、遠征をする必要が生じることに。

見た目はドーナツというよりはフルーツパイの円形型のような感があるスイーツ。陳列棚にずらりと並ぶ姿は、さぞかし壮観に違いない。イースト生地のドーナツとフルーツのトッピングがどのように口の中で混じり合い、新しい味を演出してくれるのか。来月の発売が楽しみではある。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー