ふりかけな牛丼…? 吉野家から「牛丼ふりかけ付ごはん」登場

2010/06/18 06:48

「牛丼ふりかけ付ごはん」[吉野家ホールディングス(9861)]の子会社吉野家は2010年6月17日、株式会社ウーケと共同で「吉野家牛丼ふりかけ付ごはん」を共同開発し、同年6月28日からウーケから発売すると発表した。量販店・コンビニなどで展開され、価格は158円(税込)。ごはんと牛丼ふりかけはそれぞれ単品で発売され、各128円(「吉野家牛丼ふりかけ付ごはん」の牛丼ふりかけは8グラム、単品販売の牛丼ふりかけは26グラム・ジッパー付袋、税込)(【発表リリース】)。

↑ 吉野家牛丼ふりかけ付ごはん
↑ 吉野家牛丼ふりかけ付ごはん

↑ 吉野家牛丼ふりかけ付ごはんのパックを開封したところ
↑ 吉野家牛丼ふりかけ付ごはんのパックを開封したところ

「吉野家牛丼ふりかけ付ごはん」はパックごはんをレンジで2分加熱し、セットのふりかけをかけるだけで、気軽に吉野家の牛丼のおいしさを味わえる、イージーテイストな商品。ふりかけは、吉野家の牛丼の具をフリーズドライ(真空凍結乾燥)したものに、紅生姜などをあわせて仕上げられており、「ごはん」は株式会社ウーケで無菌包装加工したものを組合せている。

単品販売される「吉野家牛丼ふりかけ」は26グラムでジッパーがついた袋に収められていることから、普通のふりかけ同様に、数回に分けて使うことが想定されている。ということは1回あたりの「吉野家牛丼ふりかけ」の推奨利用量は、セット品同梱重量の8グラム前後が適量なのだろう。

吉野家の牛丼の味わいに深い愛着を持つファンも多いが、この「吉野家牛丼ふりかけ」がお目に叶う味か否か、発売後の反応が気になるところ。また、【牛丼御三家の営業成績をグラフ化してみる】などでも触れているように、牛丼業界では苦戦が続く吉野家が、この商品展開でどこまで話題を集め、底上げが出来るか、注意深く見守りたい。


■関連記事:
【加ト吉と永谷園が握手して生まれたカンタン朝食セット「明日の朝ごはん 味噌汁付」発売へ】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー