冷やして食べる半熟ドーナツ、チョコといちごの2種類でサークルKサンクスから登場

2010/07/09 05:02

シェリエドルチェ 半熟ドーナツ【サークルKサンクス(3337)】は2010年7月8日、新食感の半熟ドーナツ「シェリエドルチェ 半熟ドーナツ」2種類を同年7月22日から順次、全国のサークルKとサンクスで発売すると発表した。価格は130円(税込)。同社では【「シェリエドルチェ 半熟カステラ」(サークルKサンクス)】で紹介した「半熟カステラ」などを発売しているが、これらに類する形で「新しい概念のドーナツ」を提案することになる(【発表リリース】)。

↑ 「シェリエドルチェ 半熟ドーナツ チョコ」(左)と「同 苺」(右)
↑ 「シェリエドルチェ 半熟ドーナツ チョコ」(左)と「同 苺」(右)

「シェリエドルチェ」とは以前【サークルKサンクス、シェリエドルチェとハローキティがコラボした限定デザートを展開】でも解説したが、【サークルKサンクス内専用ページ】で説明されているように、「”ワンランク上の本物のおいしさとワクワクするような豊富な品揃えをお客様に提供したい”という思いから生まれたサークルKサンクスのオリジナルスイーツブランド」。[ローソン(2651)]が展開している「驚きのデザート」(ウチカフェスイーツ・プレミアムライン)と同じようなコンセプトの商品シリーズ。

昨今、スイーツ専門店でも「半熟カステラ」がヒットするなど、“スイーツの新しい食べ方・製法”が話題となっている。サークルKサンクス側でも「カステラ」「フィナンシェ」「バウムクーヘン」を冷やして食べるデザートとして販売中。今回はこれまでのドーナツの概念を打ち破る、“ひんやりとした新食感”のドーナツを開発し販売することになる。

2種類のドーナツだが、それぞれ概要は次の通り。

・半熟ドーナツ チョコ
チョコを練り込んだカスタードにメレンゲを混ぜ低温でじっくりと焼き上げ、スポンジの上にのせました。卵白を泡立てたふわふわのメレンゲを加え、しっとりとした半熟食感に仕上げました。アーモンドを加えさらに食感と香ばしさをプラスしました。

・半熟ドーナツ 苺
スポンジの上に、苺の果肉をそのままつぶしたピューレを使用した風味豊かな苺ムースをのせました。隠し味にカスタードを加えることで、苺の酸味をまろやかにし苺の風味を引き立てました。苺果肉の見た目も華やかです。

(リリースより抜粋)

先の「半熟カステラ」ではやわらかさが極まっており、(もったいなさもあるが)普通のカステラのように手で直接持つと砕けてしまうような上品なやわらかさを持っていた。今回発売される2種の半熟ドーナツも、見た目こそドーナツではあるが、メレンゲやムースを本体の大部分に用いており、従来のドーナツのように手で持ってあんぐりと口を開けていただくような食べ方は難しいようだ。やはり上品にスプーンで少しずつすくって食べるという、「おやつ」よりも「デザート」的なスタイルが似合うスイーツのようである。

ちょっと上品、ちょっと贅沢な感のある「半熟ドーナツ」。スイーツ好きな層からはどのような評価を受けるだろうか。発売が楽しみだ。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー