【更新】「ONE PIECE」主人公達の指名手配書が織物で再現・「織アート THE・手配書」、限定受注販売

2010/07/10 06:01

「織アート THE・手配書」バンダイは2010年7月9日、テレビアニメ・連載漫画などでおなじみの「ONE PIECE」に登場する主人公的立ち位置にある海賊たちを描いた「指名手配書」を忠実に再現した織物『織アート THE・手配書』の予約受け付けを、同日から開始したと発表した。バンダイの公式ショッピングサイト【プレミアムバンダイ】やその他ネット通販などで、数量限定の受注販売となる。全3種類・各2600円(税込)([発表リリース])。

↑ 織アート THE・手配書
↑ 織アート THE・手配書

「織アート THE・手配書」は、番組内に登場する海賊たちの顔やその懸賞金の金額が記載された“指名手配書”を再現した織物。雨風にさらされた風合いの、レトロな質感あふれる仕様が特長となる。

今回は、主人公“ルフィ”をはじめ、人気キャラクターの“エース”、“チョッパー”の3種類を発売。今後も他キャラクターでの展開を予定しているとのこと。手配書が番組内で彼らを指名手配している“海軍本部”から配布される様子をイメージしており、海軍エンブレムが入ったオリジナルの「海軍秘密伝令管」風ケースに収められた状態で自宅に届く。

↑ 特製の「海軍秘密伝令管」風ケースに入った状態で届けられる。
↑ 特製の「海軍秘密伝令管」風ケースに入った状態で届けられる。

↑ 自分で額を調達して納めれば、インテリアとして使うことも。しかし指名手配書を額に入れるというビジュアルもなかなか興味深い。
↑ 自分で額を調達して納めれば、インテリアとして使うことも。しかし指名手配書を額に入れるというビジュアルもなかなか興味深い。

素材はポリエステル。サイズは210(幅)×294(高さ)×1(厚み)ミリ。ドイツ製織機で生産しているとのこと。

アニメに何度となく登場するアイテムが実物としてキャラクタ商品化されるというのはよくあるが、(作品の特性上としても)指名手配書がキャラクタグッズになるのは珍しい。しかも人気のある人物達が前面に押し出されているのだから、ブロマイド・ポスター的な役割も果たしている。コンセプトとしては面白い部類であり、興味関心を覚える人も少なくないのではないだろうか。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー