吉野家 並270円へ再び値引き

2010/07/21 06:29

吉野家の牛丼[吉野家ホールディングス(9861)]が展開する牛丼店「吉野家」は2010年7月20日、「夏の牛丼祭」と称し、同年7月28日午前10時から8月3日午後3時までの間、牛丼や牛皿など一部の牛関連メニューを110円引きで提供するキャンペーンを実施すると発表した。牛丼並盛は380円から270円、大盛りは480円から370円になる(【発表リリース】)。

↑ 夏の牛丼祭
↑ 夏の牛丼祭

【牛丼御三家の営業成績をグラフ化してみる】などにもあるように、主力牛丼チェーン店の中では吉野家が集客の面で他店に遅れをとっている状況にある。先日も【吉野家が1週間期間限定で主力商品110円引き・牛丼並盛は270円で御三家最安値へ】で主力商品の牛丼を期間限定で値下げしたところ、直後に【春の仁義なき牛丼の戦い・すき家と松屋、牛丼並盛を期間限定で250円に】などにもあるようにライバル店に対抗キャンペーンを打たれ、苦戦が続いている状態。

吉野家ではこれまで値引きキャンペーンは春・秋に定例化していたが、夏のキャンペーンは久方ぶり。久々の夏季攻勢で売上の回復を図りたい意図があるようだ。

実際、いわゆる「御三家」の直近2010年6月における前年同月比売上高を比較すると次のようになり、吉野家の苦戦ぶりがあらためて認識できる。

↑ 牛丼御三家2010年6月業績(売上高・客数、前年同月比、既存店)
↑ 牛丼御三家2010年6月業績(売上高・客数、前年同月比、既存店)

夏休みの時期に主力商品の牛丼群を値下げすることで、顧客動向にどのような変化が起きるのか。吉野家自身はもちろんだが、他のライバル店の動きも合わせ、非常に気になるところだ。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー