ローソンの中華まん 8月17日から

2010/08/12 06:59

ローソンの中華まん[ローソン(2651)]は2010年8月11日、同年8月17日から全国店舗で、2010年版「中華まん」の販売を開始すると発表した。「旨とろ肉まん」「あんまん(粒あん)」「あんまん(ごまあん)」「ピザまん」「キーマカレーまん」の5種類で、すべて116円(税込)(【発表リリース】)。

↑ 左から「旨とろ肉まん」「あんまん(粒あん)」「ピザまん」
↑ 左から「旨とろ肉まん」「あんまん(粒あん)」「ピザまん」

ローソン側の発表によれば夏の暑さは8月上旬にピークをむかえ、それ以降気温は徐々に下がり始めるとされている。前日よりも気温が下がると体感温度も低下し、温かい物を食べたくなると言われているとのこと。そこでローソンでは例年、朝夕が涼しくなるこの時期から「中華まん」の販売を開始しており、今年も17日からの販売を決めた。

今年のローソンの中華まんは、もちもちして口どけのよい生地が特徴。あんまん(粒あん・ごまあん)は京都老舗和菓子店「老松」監修商品で、甘さ控えめの餡(あん)の味を引き立たせるため、米粉を加えた生地に塩味を効かせ、風味を向上させている。また、中華まんを入れる包材を紙に変更したことで、保温効果が長続きするようになったとのこと。

先の【セブンのおでん 8月10日から】にもあるが、従来は冬モノ系のレジ横食品が発売日を前倒しされ、夏の後半時期から発売される傾向が強い。これはリリースにもあるように「もっとも暑い時期を過ぎると日に日に涼しさを覚えるから」というのもあるが、これらの商品の集客率・利益率の高さに注目してのものといえる。また【レジ横商品 人気は飴とガム】にもあるように、「つい買ってしまう」魅力が高く、(店側にとっては)客単価を引き上げる効用があるのも一因だろう。

ローソンでは8月17日からだが、すでに一部大手コンビニで中華まんの販売開始も確認されている。最寄りのコンビニでレジ横の陳列棚の変遷を注意深く見守ると、色々と楽しめるに違いないる

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー