電子レンジで美味しくいただける食パン「レンジでホッと」登場

2010/08/18 06:58

「レンジでホッと」敷島製パンは2010年8月16日、同年9月1日から電子レンジで温めて食べる食パン「レンジでホッと」を関東・中部・関西地区で発売すると発表した。価格はオープンプライス。販売スタイルは関東・中部が6枚スライスと3枚入り、関西地区ではそれに加えて5枚スライス(【発表リリース】)。

↑ レンジでホッと
↑ レンジでホッと

朝ごはんによるエネルギー補給は、集中力や記憶力を保つためには欠かせない。しかし朝は出かける準備などで忙しく、朝食を食べる時間が少ないのも事実(【高校生 朝飯時間 余裕無し、平均わずか 10と3分】)。リリースでは「朝食の欠食率は20代で約3割と高くなっています」とも言及されている(【多い? 少ない!? 朝食欠食率、20代男性は3割に】)。さらに最近では働く女性が増えたこともあり、電子レンジを使った調理器具が色々と発売されるなど、短時間で効果的な調理方法も話題になっている。

そこで今回敷島製パンでは、朝食にかける時間が少ない人、そしてトースターを所有していない人でも電子レンジを使って簡単に「おいしい食パン」を食べられる、新しい食感の食パン「レンジでホッと」を発売することに相成った。

「レンジでホッと」電子レンジに入れて、20秒(600Wの場合)温めるだけで、あっという間にフワフワ食感の温かい食パンが出来上がる。短時間で済むので時間が足りない朝食時でも十分間に合わせることができる。さらにちょっとした甘い味がついているので、バターやジャムを塗らなくてもそのままでおいしくいただくことができる。

さらに、一度温めた後で冷めてしまったパンでも、もう一度温め直すことで「フワフワ」感の食感が再現。出勤時間の違いや配膳の準備などで食べる時間帯が微妙に異なる主婦でも、子供や亭主が出勤・登校した後でゆっくり落ち着いて食べることも可能。

【朝食はご飯よりパン 休日は特に】などにもあるように、時間節約のためか、朝食にはパンを食する人が多い。電子レンジを活用する・時間節約もあわせ、「レンジでホッと」のようなパンを使ってみるのも良いかもしれない。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー