【更新】おもちゃのカンヅメ、丸い「宇宙缶」に変身・二つの味わいが楽しめる「ダブルチョコ」もチョコボールに登場

2010/08/25 07:17

「宇宙缶」【森永製菓(2201)】は2010年8月24日、「森永チョコボール」のクローズド方式プレゼントの賞品「おもちゃのカンヅメ」を同年9月1日から「宇宙缶」にリニューアルすると発表した。さらにこれに合わせる形で、同年8月下旬から「チョコボール」の「ピーナッツ」「キャラメル」「いちご」の3品のデザインを変更、そして新商品の「チョコレート<ダブルチョコ>」を同年8月31日から発売することも明らかにしている。「チョコボール」各種の参考小売価格は74円(税込)([発表リリース、PDF])。

↑ チョコボールシリーズ
↑ チョコボールシリーズ

↑ 新おもちゃのカンヅメ「宇宙缶」
↑ 新おもちゃのカンヅメ「宇宙缶」

既存の「チョコボール」のパッケージデザイン変更は、後述する「おもちゃのカンヅメ」のデザインリニューアルに伴うもの。パッケージ自身に新カンヅメの「宇宙缶」が描かれており、よほど強力にプッシュしたい様子がうかがえる。また新製品の「ダブルチョコ」は、「サクサクのパフ入りチョコをホワイトチョコでコーティング」されており、ひと粒でふたつのチョコのおいしさが楽しめる構成。パッケージも二羽のキョロちゃんが登場している。

一方、「おもちゃのカンヅメ」とは森永製菓の「チョコボール」シリーズの取り出し口に描かれていることがある(要は描かれていれば「当たり」)「エンゼル」マークを集めて送るともらえる、おもちゃなどがぎっしり詰まったカンヅメ。応募要項の「金なら一枚・銀なら五枚」のキャッチコピーはあまりにも有名。

今回は23代目へのリニューアルとなるが、従来円筒形をしていることが多い「おもちゃのカンヅメ」が球型をしていること、あえて「宇宙」を前面に押し出していること、リリース内でも繰り返し「史上初の最強アイテムが加わった」などの表現をしていることから、昨今宇宙関係で話題を集めた「アレ」のおもちゃが入っているかもしれないという「缶」、もとい「感」はある。

実際に「おもちゃのカンヅメ・宇宙缶」の中身に何が入っているのかは、エンゼルマークを集めて送った人にしか分からない。しかし、これまでのカンヅメ以上に気になる話ではある。その点でも、新商品の「ダブルチョコ」もあわせ、「チョコボール」にこれまで以上に熱い視線が注がれるに違いない。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー