焼きプリンの入ったチーズスフレ、サークルKサンクスから登場

2010/08/26 06:43

シェリエドルチェ プリンの入ったチーズスフレ【サークルKサンクス(3337)】は2010年8月25日、2種類のデザート「プリン」「チーズスフレ」を融合させた、同時に2つの味わいが楽しめる『シェリエドルチェ プリンの入ったチーズスフレ』を同年9月2日から、全国のサークルKとサンクスで販売すると発表した。価格105円(税込)(【発表リリース】)。


↑ シェリエドルチェ プリンの入ったチーズスフレ。下の焼きプリンの上にチーズスフレが載っている形。上から見ると普通のチーズスフレに見えるけど、実は……と驚くことになる
↑ シェリエドルチェ プリンの入ったチーズスフレ。下の焼きプリンの上にチーズスフレが載っている形。上から見ると普通のチーズスフレに見えるけど、実は……と驚くことになる

「シェリエドルチェ」とは、【サークルKサンクス内専用ページ】で説明されているように、「”ワンランク上の本物のおいしさとワクワクするような豊富な品揃えをお客様に提供したい”というコンセプトから生まれたサークルKサンクスのオリジナルスイーツブランド」。[ローソン(2651)]が展開している「驚きのデザート」(ウチカフェスイーツ・プレミアムライン)と同じようなコンセプトの商品シリーズ。

今回発売される「プリンの入ったチーズスフレ」は、人気の定番デザート「焼きプリン」と「チーズスフレ」を組み合わせたスイーツ。クリームをたっぷりと使いチーズの濃厚な味わいが特徴の「チーズスフレ」と本格的な「焼きプリン」の2つの味わいのコラボレーションが堪能できる。本来「焼きプリン」と「チーズスフレ」は、一緒に焼き上げることが難しいとされていたが、独自の製法によりこれらを同時に焼き上げることが可能となった。

味そのもののコラボもそうだが、この階層構造の場合、スフレとプリンという、微妙な舌触り・歯ごたえの2スイーツを同時に口に含むことになる。上下の歯から挟みこんで口にする際、上の歯と下の歯で異なるやわらかさを覚える時の、不思議な食感はどのようなものになるのか。期待したい一品といえる。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー