ナルホド納得、パパ・ママが選んだ「子供に与えたいおもちゃ」グランプリ発表

2013/12/04 12:25

トイザらス限定 シルバニアファミリー あかりの灯る大きなお家ギフトセット日本トイザらスは2013年12月4日、幼稚園児と母親の情報誌「あんふぁん」との共同企画として初めて実施した、ママ・パパが選ぶおもちゃアワード「TOY-1グランプリ」の2013年度分の結果を発表した。それによると男の子部門では「Yフリッカー F1」、女の子部門では「トイザらス限定 シルバニアファミリー あかりの灯る大きなお家ギフトセット」、知育部門では「トイザらス限定 デュプロ 基本セット・タワー/レゴ 基本セット・タワー」が最多得票を獲得し、金賞に輝いたことが分かった(【発表ページ:TOY-1グランプリ2013 -ママ&パパが選んだ 子どもに贈りたいオモチャ-】)。

↑ 左から男の子部門金賞「Yフリッカー F1」、女の子部門金賞「トイザらス限定 シルバニアファミリー あかりの灯る大きなお家ギフトセット」、知育部門金賞「トイザらス限定 デュプロ 基本セット・タワー/レゴ 基本セット・タワー」
↑ 左から男の子部門金賞「Yフリッカー F1」、女の子部門金賞「トイザらス限定 シルバニアファミリー あかりの灯る大きなお家ギフトセット」、知育部門金賞「トイザらス限定 デュプロ 基本セット・タワー/レゴ 基本セット・タワー」

今調査は日本トイザらスの玩具担当バイヤーが「男の子部門」「女の子部門」「知育部門」(3歳から6歳児を対象にした玩具)それぞれについて10商品をノミネートし、その中から選考委員(筑波大学大学院・人間総合科学研究科教授で教育学博士、臨床心理士の徳田克己氏、あんふぁん編集長、あんふぁん読者代表4人)により一次選考を行い、各部門5商品を選定。その上で「あんふぁん」の公式ウェブサイト上において、0歳から6歳の子供を持つ父母による投票を行い、投票数で金・銀・銅賞が決定された(投票総数は1235人)。

なおノミネートの際のポイントとしては、「子供が夢中になる玩具であること」「子供の心や身体をはぐくむ玩具であること」「今までにない工夫が凝らされている玩具であること」のいずれかに当てはまる玩具であることが挙げられている。また該当年の新発売(リニューアル含む)の玩具を中心にとの方針だが、今回は「TOY-1グランプリ」初年度であるため、長年のベストセラー商品も対象となった。

投票結果による各賞受賞玩具は次の通り。

●男の子部門
金賞 「Yフリッカー F1」/Yボリューション
銀賞 「プラレール連結!E6系スーパーこまち&トミカアーチ踏切セット」/タカラトミー
銅賞 「BIGトミカビル」/タカラトミー

●女の子部門
金賞 「トイザらス限定 シルバニアファミリー あかりの灯る大きなお家ギフトセット」/エポック社
銀賞 「ジャストライクホームおうちごっこ くみあわせいろいろ!ひかりとおとのシステムキッチン」/日本トイザらス
銅賞 「アンパンマン いらっしゃいませ!ジャムおじさんのやきたてパン工場」/セガトイズ

●知育部門
金賞 「トイザらス限定 デュプロ 基本セット・タワー/レゴ 基本セット・タワー」/レゴジャパン
銀賞 「ディズニーI CAN! おしゃべりイングリッシュ」/ジョイパレット
銅賞 「あそんでまなべる!アンパンマンカラーパッド」/バンダイ

今回の受賞ラインアップについてトイザらス側では、昨今ではスマホ・タブレット型玩具や子供向けタブレットがもてはやされる傾向にあるが、実際に0歳から6歳の子供を持つ父母の投票によって選ばれた今回の大賞作品は、体を動かせる乗り物や電車・ミニカー、おままごと、ブロックなど、保護者自身が慣れ親しんだ情操系のおもちゃに人気が集中する結果が出たこと、そしてそれらは自分が子供時代に好きだったおもちゃを子供にも…という親の思いを反映した結果であると解説している。

ちなみにリリースに詳細が記載されているが、タブレットやスマートフォン系のアイテムもしっかりとノミネート、受賞を受けている。例えば女の子部門では「アイカツフォンスマート」(スマートフォンの形をしたデジタル玩具)が入賞(第4位)している。

これからクリスマスなどで子供に玩具のプレゼントを選ぶ機会が増える時期。今件ランキングは大いに参考になるに違いない。


■関連記事:
【iPhoneを頭に据えた新ペットのおもちゃ「スマートペット」登場】
【「ムシキング」をスマホ型おもちゃに・「甲虫王者ムシキング むしとりバトルずかん」発売へ】
【「LINEごっこ」が楽しめるスマートフォン型のおもちゃ「LINE TOWN MY TOUCH」タカラトミーから発売】
【スマートフォンをかざして意志疎通するおもちゃ「おねだりわんこ」バンダイから登場】
【「クリスマスプレゼントには何が欲しい?」ゲームソフトが一番、本体が二番、そして……】


(c) 2010 EPOCH CO.,LTD
LEGO and the LEGO logo are trademarks of the LEGO Group.c2013 The LEGO Group.


スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー