TAYAのサロン専売同等品が新ブランド「サロントーキョー」としてローソンから発売

2010/09/21 19:30

「サロントーキョー」[ローソン(2651)]は2010年9月21日、同年10月5日から美容室【TAYA(4679)】が開発支援したヘアケア・スキンケアブランド「サロントーキョー」(ヘアケアシリーズ2種・各4アイテム、スキンケアシリーズ3アイテム)、計11アイテムをローソン店舗(ローソンストア100、SHOP99除く)にて発売すると発表した。通常は美容室のみの販売品「サロン専売品」を、品質はそのままにコンビニ向け価格で提供することになる(【発表リリース】)。

↑ サロントーキョー
↑ サロントーキョー

「TAYA」は全国に145店舗を展開する美容室チェーンで、メディアで活躍する人気スタイリストが数多く所属している。今回展開されるブランド「サロントーキョー」は、その美容室チェーン「TAYA」の品質を追求した、ローソンでは初めてのオリジナルヘアケア・スキンケアブランド。従来美容室でしか手に入らない「サロン専売品」と呼ばれる高級な専用ヘアケア剤を、品質はそのままでコンビニでも気軽に購入可能な価格帯で提供することになる。

種類は髪質に合わせて選べるヘアケア商品のスムースグロスシリーズ、シャイニングヴェールシリーズとスキンケアシリーズの、全11アイテム。ヘアケア商品には、シャンプー・トリートメントに加え、「洗い流さないトリートメント」や、旅行にも便利なトライアルキットも用意されている。

各種アイテムの概略を紹介すると、

■スムースグロスシリーズ……軽くてボリュームの無い髪向け
・シャンプー(780円)
・トリートメント(780円)
・オイル(1080円)
・トライアルセット(シャンプーとトリートメントが2回使用分ずつ)(250円)

■シャイニングヴェールシリーズ……痛んで乾燥している髪向け
・シャンプー(780円)
・トリートメント(780円)
・オイル(1080円)
・トライアルセット(シャンプーとトリートメントが2回使用分ずつ)

■モイストローション……高保湿化粧品(980円)

■エマルジョン……美容乳液
・デイエッセンス……日中用(980円)
・ナイトエッセンス……夜用(980円)

という具合。特に上部2シリーズ「スムースグロスシリーズ」「シャイニングヴェールシリーズ」は250円のお試しセットが発売されているので、自分の髪にマッチするか否か、満足のいく仕上がりを得られるのかどうかを、実際に試すのにはぴったりの商品となっている。

↑ 店舗陳列のようす
↑ 店舗陳列のようす

タスポ効果が沈静化した後のさらなる集客のため、各種スイーツの広範囲な展開をはじめとし、各コンビニとも若手から中堅女性へのアピールを一層強化している。【俺のロールケーキ(ファミリーマート)】にもあるように、一部コンビニではスイーツ部門のアピールを男性に対しても広める動きが見られるが、ローソンの場合はスイーツと同じ女性層に対し、化粧品の分野での誘因を推し量る狙いがあるようだ。

コンビニの長所の一つである「24時間営業」をうまく活用し、深夜帯で無いと店舗の利用が出来ない層にアピールできれば(そしてもちろん彼女らの目に叶う品質を備えていれば)、それらの客層から口コミでじわじわと浸透することは容易に想像できる。また、お試しセット以外は単価も高めで、日々消費する類のものではないが、顧客単価の引き上げも期待される。具体的にどれほど注目を集め、セールスを上げられるのか、販売動向が気になるところだ。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー