モスのカフェタイプ店舗「モスカフェ 西銀座店」でオリジナルカップケーキ展開へ

2010/11/15 07:01

オリジナルカップケーキ【モスフードサービス(8153)】が運営するモスバーガーでは食事やドリンクだけでなくスイーツも楽しめるモスバーガーのカフェタイプ新型店舗「モスカフェ 西銀座店」を2010年11月15日にオープンすると発表した。モスではすでに「モスバーガーオーシャンカフェ江ノ島店」「モスバーガー銀座カフェ銀座ナイン店」「モスバーガー大崎カフェ店」の3店舗をカフェタイプとして展開しているが、今回の西銀座店では専用のスイーツを導入するのが最大の特徴となっている(【発表リリース】)。

↑ 「モスカフェ 西銀座店」専用のカップケーキ
↑ 「モスカフェ 西銀座店」専用のカップケーキ

ホット黒蜜抹茶ラテ本日開店する「モスカフェ 西銀座店」は、JR有楽町駅、東京メトロ銀座駅にほど近い「西銀座デパート」内に位置し、平日は近隣のOLや会社員、休日にはショッピング客が多く見込める立地に配されている。 メニューは定番のハンバーガー類に加え、「デミグラ煮込みハンバーグごはん」「ジャマイカチキンごはん」などのごはん類やドリンクの種類を豊富に揃え、さらに専用に展開されるカップケーキやビール、ハイボールなどのアルコール類なども楽しめる、よりカフェ色の強いラインナップとしている。

今回カフェ店舗限定メニューとして販売されるのは、マザーリーフ(モスのグループ店舗)のパティシエによるオリジナル カップケーキ8種。ショートケーキをモチーフに、レース状に生クリームを重ねた「苺のカップケーキ」、マスカルポーネを使用したチーズクリームにラムレーズンと杏をトッピングした「ラムレーズンのカップケーキ」など、上品でかわいらしいカップケーキを揃えている。

今回の「西銀座店」ではオシャレな街の色合いが強い銀座の街中にある店舗ということもあり、これまたオシャレなカップケーキを販売することで、優雅なティータイムを楽しむ場を提供することができるようになる。特に女性向けの店舗として注目を集めるに違いない。

ハンバーガー系ファストフードにおいてカフェは守備範囲が近いこともあってか、他企業も積極的なアプローチを続けている。有名なのはマクドナルドだが、直近では【マクドナルドのカフェ「McCafe(マックカフェ)」正式発表、8月29日から首都圏中心に15か所】で紹介した「McCafe(マックカフェ)」が実店舗としては最後もので、2009年には全面撤退。その後店舗ではなくコーヒーのブランド名として既存店舗での販売を開始し、こちらは成功裏に推移しつつある。

特定店舗でのみ楽しめるカップケーキだが、人気がうなぎ上りになれば他店舗での展開も十分にありえる。今後の「モスカフェ 西銀座店」の動向に期待すると共に、カップケーキの広域展開に期待したいところだ。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー