ぷよぷよ踊って優しく光るインテリア「きのぷよ」登場

2010/11/17 07:06

きのぷよ【タカラトミー(7867)】は2010年11月16日、振動センサー付きやわらかライト『きのぷよ』を同年11月18日から発売すると発表した。価格2499円(税込)。振動感知センサー付きのきのこ型ライトで、おもちゃとインテリアを兼ねた造型。単三電池3本使用で、サイズは115×120×110ミリ。黄色・赤・ピンクの三種類が用意されている(【発表リリース】)。


↑ きのぷよ。
↑ きのぷよ。【直接リンクはこちら】

「きのぷよ」は、振動を感知するとセンサーが反応し、やわらかい体を左右に伸縮しながら、きのこの傘部分と切り株の形をした台座部分がやさしく光るライト。「生活の中に遊び心を」をテーマに、おもちゃメーカーならではの視点で、ぷにょぷにょと揺れながら動く“かわいらしさ”と、「インテリアライト」としての“実用性”を融合させ、子供から大人まで楽める作品として企画された。

きのぷよ本体傘の部分には、プラスチック素材を使用し、ほんわかしたやさしい光を灯している。また、胴体部は、やわらかい軟質性合成樹脂を使用し、左右に伸縮しながらリズミカルな動きをする。照らし出す光のモードは、ランダムに点滅しながら動く「いきてるモード」、点灯しながら動く「一定モード」、動かずにランダムに光る「光モード」の3パターンあり、それぞれ選択可能。1回センサーを感知する毎に、数秒間点灯を行う。

カラーバリエーションは、赤、黄色、ピンクの3種類。きのこの傘部分にくりっとした丸い目と黄色いくちばしがあり、「きのこ」と「ひよこ」が合体したような愛くるしい顔をしている。まるで部屋の中で、使う人にほっと心温まるような光を灯すキャラクターですらあり、玄関や、ベッドサイド、廊下など、ちょっと手元や足元の明かりが欲しいときの便利なライトとして、また、指先で“トントン”と振動を与えると反応するコミュニケーションライトなどの利用状況が想定できる。

振動センサーで踊り出すインテリアなおもちゃというと、同社の「フラワーロック」が思い出される。植物という点でも同じであり、「きのぷよ」も同じ系統といえるだろう。むしろ愛らしさという点ではこちらの方が上かもしれない。振動察知型ライトとして使えるので、リリース内で提案されている「玄関口での灯り」にはぴったりといえよう。


(C)TOMY

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー