【更新】松屋でカレー新メニュー「茄子とトマトのカレー」「野菜たっぷりカレー」登場

2010/11/23 06:37

「茄子とトマトのカレー」[松屋フーズ(9887)]が運営する牛飯・カレー・定食店「松屋」は2010年11月22日、同年11月25日から「茄子とトマトのカレー」「野菜たっぷりカレー」の2種のカレーメニューを発売すると発表した。価格は「茄子とトマトのカレー」が380円、「野菜たっぷりカレー」が480円(いずれも税込)([発表リリース、PDF])。

↑ 「茄子とトマトのカレー」と「野菜たっぷりカレー」
↑ 「茄子とトマトのカレー」と「野菜たっぷりカレー」

「茄子とトマトのカレー」は、大きめにカットした茄子がダイナミックな姿を表し、新鮮なトマトと相性の良さを見せるカレー。一方「野菜たっぷりカレー」は1日の野菜摂取量(【「健康日本21」においては】1日あたりの成人における野菜摂取量が350グラムであることが望ましいとされている)の半分が入り、目玉焼きを添えたボリューム満点の一品となっている。

松屋はすき家と並び、いわゆる「牛丼御三家」においては牛丼・牛めし以外のメニューも充実していることで知られている。特に牛丼と(材料や調理工程、トッピングやかけ合わせメニューの点で)相性の良いカレーのメニューでは評判が高く、【松屋、人気のメニュー「フレッシュトマトカレー」を4月23日から復活】でも紹介した「フレッシュトマトカレー」はそのリーズナブルな価格と相まって話題を集めていた。

今回登場するカレーメニューは、写真やリリースを見る限りではいずれも野菜のボリューム感がセールスポイントとなっている。カレールー自身はもちろんルーと各素材の相性など気になる点は多い。また、この2種のカレー新メニューが同店の売上にどのような影響を及ぼし得るのかも合わせ、注目したいところだ。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー