電気ストーブの事故・過去五年間に死者102人、使用法に注意とNITEが注意喚起

2010/11/26 12:20

電気ストーブの事故NITE(独立行政法人製品評価技術基盤機構)は2010年11月25日、同機構に通知された製品事故情報のうち、ニクロム線電気ストーブやハロゲンヒーターなどの電気ストーブによる事故が2005年-2009年度の5年間に999件に達し、そのうち死亡事故91件・重傷事故が20件に達していたことを明らかにした。高齢者が多くを占めており、正しい方法による使用とリコール対象製品の確認をNITE側では呼びかけている(【発表リリース】)。

↑ 2005年度-2009年度における電気ストーブ事故のうち2005年度-2008年度製製品起因事故353件における、ストーブ種類別区分
↑ 2005年度-2009年度における電気ストーブ事故のうち2005年度-2008年度製製品起因事故353件における、ストーブ種類別区分

NITE側の発表によると電気ストーブの事故のうち28%は利用者側の間違った取扱いや不注意によるものと考えられ、その中でも「寝具・衣類・家具など可燃物にヒーター部が接触したもの」「乾燥中の洗濯物が落下したもの」の双方事由で9割に達している。また、設計・製造・表示に問題があったものが38%で、この中にはリコール品も多数含まれ、中でもハロゲンヒーターが約7割を占めている。

↑ 2005年度-2009年度の電気ストーブ事故発生件数(各月合計、月確定件のみ)
↑ 2005年度-2009年度の電気ストーブ事故発生件数(各月合計、月確定件のみ)

電気ストーブ全般における事故は毎年寒さが増す11月以降に発生することが確認されている。今年は西日本において例年より寒さが厳しいことが予想されるため(【日本気象協会・3か月予報】)、その地域の人たちは電気ストーブをより多く使うものと思われる。くれぐれも取扱いに注意すると共に、もう一度自宅の電気ストーブを確認し、今件リリースと照らし合わせてリコール対象品でないかどうかをチェックしてほしいものだ。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー