アレっぽいネ・セブンの濃厚生チョコアイス「セブンゴールド 金のアイス 濃厚生チョコ バニラ」発売

2013/12/10 07:00

セブンゴールド 金のアイス 濃厚生チョコ バニラセブン&アイ・ホールディングスは2013年12月9日、同社のプライベートブランド「セブンゴールド」のアイスクリーム部門の最新作として「セブンゴールド 金のアイス 濃厚生チョコ バニラ」を同年12月10日から発売すると発表した。価格198円(税込)。セブン-イレブン、イトーヨーカドー、ヨークマート、ヨークベニマル、シェルガーデン、そごう・西武での発売(【発表リリース:「セブンゴールド 金のアイス 濃厚生チョコ バニラ」12/10(火)から全国で発売】)。

↑ セブンゴールド 金のアイス 濃厚生チョコ バニラ
↑ セブンゴールド 金のアイス 濃厚生チョコ バニラ

「セブンゴールド」とはセブン&アイのプライベートブランドの1シリーズで、名前からも想像できる通り「ワンランク上のちょっと”贅沢な味”」をテーマにしている。通常のプライベートブランドの食品よりも食材や製法などで贅沢さを採りいれ、仕上がりも当然高品質なものとなっている。昨今では「金の食パン」が大ヒットしたことで名を馳せている。

今回登場する「セブンゴールド 金のアイス 濃厚生チョコ バニラ」は、2013年11月12日に発売された「セブンゴールド」の第一弾「セブンゴールド 金のアイス 生チョコバー」に続くアイスクリーム部門の商品。「生チョコバー」は目標以上の販売個数となる110万個を売り上げる堅調ぶりを示しており、今回の商品発売に弾みをつける形となった。

同商品ではロッテアイスの独自技術である「アイスを包む技術」(「雪見だいふく」で使用)を活用し、冬に人気の高まる生チョコでバニラのアイスクリームを包み込んだ一品。濃厚なバニラアイスクリームと、数種類のカカオをブレンドした生チョコを、ひとくち目から味わえるスイーツアイスとなっている。肝となるチョコレートは、深い風味を感じられるように、複数のカカオを混ぜて創り上げた専用の生チョコレートを使用。一方バニラアイスクリームもチョコレートの風味に負けないミルク感のある味わいで攻める。

容器の形態や中身の構成から、「雪見だいふく」的な雰囲気を覚えるところが多分にあったが、ロッテアイスからの技術協力を受けているのならば当然の話。「セブンゴールド」のアイスシリーズはこれでチョコ系のものが続くことになるが、ブランド全体に共通するリッチ感がどのように反映されているのか。単なるチョコとアイスの組み合わせではなく、包み込むことでいかなる味が口の中に繰り広げられることになるのか。チョコ系アイスを好む人には、特に気になるに違いない。


■関連記事:
【セブンゴールド初のアイス「金のアイス 生チョコバー」発売開始】
【セブン&アイ、自社PB「セブンゴールド」で初の緑茶飲料を伊藤園と共同開発】
【セブンの「金の食パン」はちみつ増量でリニューアル】
【セブンイレブンなどの「金の食パン」が販売好調・食パン全体の売り上げを1.5倍に底上げ】
【セブン-イレブンで高級袋めん「金の麺」東洋水産との共同開発で誕生】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー