ナムコ、広島に子供向けテーマパーク「キッズ・アート・ミュージアム」を期間限定でオープン

2010/12/09 05:12

キッズ・アート・ミュージアムナムコは2010年12月8日、【コクヨ(7984)】グループのコクヨS&Tと共同企画した、幼児から低学年向けのテーマパーク『キッズ・アート・ミュージアム』を「ゆめタウン広島」(広島県広島市)3階「ゆめKIDSゆめタウン店」内に、同年12月17日からオープンすると発表した。2011年4月3日までの期間限定。営業時間は10時-18時、入場料は子供1人600人・0歳児や中学生以上は無料。一部別途料金あり(【発表リリース】)。

↑ キッズ・アート・ミュージアム
↑ キッズ・アート・ミュージアム

今回の「キッズ・アート・ミュージアム」では従来のキャラクタ前面展開型のテーマパークとしての考え方に加え、教育・学習要素を加えた『キッズ・アート・ミュージアム』を新たなアイテムとして開発・導入し、子供向けの内容の充実を図っている。具体的にはコクヨS&Tが出版している、親子で楽しめるコクヨのえほん「WORK×CREATE シリーズ」の世界に子供達が入り込んで、様々なアーティスト体験ができるというもの。

「着せ替え・スタイリスト体験」や、面白ゆかいな動物を作る「造形アーティスト体験」、オリジナルの家やビルを建てる「建築デザイン体験」、世界を旅する「カメラマン体験」、「オリジナルアートの製作体験」と、絵本の内容を活用した5つのアーティスト体験を行うことが可能となる。

↑ オリジナルの家やビルを創る『建築デザイン体験』
↑ オリジナルの家やビルを創る『建築デザイン体験』

↑ 可愛い服をコーディネイトする『スタイリスト体験』
↑ 可愛い服をコーディネイトする『スタイリスト体験』

その上おみやげ店「読んで!作って!遊べる!絵本ショップ」では自宅でも楽しく遊べるアイテムたちを展開していくとのこと。

子供の遊び場を提供するテーマパークは少なくないが、そこに創造的な教養面を取り入れた場の提供は珍しい。既存の出版物を題材としているあたりも、利用者のハードルを低いものとしている。機会と興味がある人は、一度足を運んでみてはいかがだろうか。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー