吉野家・4日間限定で「特製どんぶり」がその場で当たるキャンペーン実施

2010/12/18 06:47

「特製どんぶり」[吉野家ホールディングス(9861)]は2010年12月17日、同社の子会社である牛丼チェーン店吉野家において、創業111周年特別企画として「吉野家特製丼がその場で当たる!」キャンペーンを実施すると発表した。同年12月23日午前10時から12月26日午後8時までの4日限定でスピードくじを提供し、当たると吉野家特製の丼がその場で当たるというもの(【発表リリース】)。

↑ 「吉野家特製丼がその場で当たる!」キャンペーン告知ポスター
↑ 「吉野家特製丼がその場で当たる!」キャンペーン告知ポスター

吉野家は今年で創業111周年を迎えるにあたり、各種キャンペーンを実施している。3月に行われた【吉野家特製のどんぶりや湯のみが当たるキャンペーン、3月5日から開始】もその一つ。この時はスクラッチカードを受け取り、キャンペーンサイトにアクセスしてカードの番号を入力すると、プレゼントに応募ができ、抽選で特製の丼や湯飲みが当たるというものだった。

今回は対象となる商品(丼・定食1食分)を購入する毎にスピードくじが提供され、当たれば「その場で」丼がもらえるというもの。特賞は「111周年記念丼」(桐箱入り)が5000名、一等が「吉野家金文字丼」が25000名分用意されている。スピードくじは外れても、もれなく「みそ汁無料券」として使うことができる。なお丼の引き換えはキャンペーン期間中のみ、「みそ汁無料券」の有効期限は2011年1月7日までなので注意が必要。

前回の丼周りのキャンペーンでは携帯電話を使ったり当選まで時間がかかるなど、かなり面倒な部分があった。今回は食べるその場で当たり外れが判明し、当たれば即時賞品を手にできるため、面倒が無くて良い。わずか4日間ではあるものの、今回のキャンペーンがどこまで集客力を高めることができるのか、気になるところだ。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー