ファミリーマート、つけ麺発祥の店「中野大勝軒」監修の「つけめん(あつもり)」発売へ

2010/12/29 06:11

「つけめん(あつもり)」[ファミリーマート(8028)]は2010年12月28日、東京都中野区商店街連合会に所属する「中野大勝軒」とファミリーマートの共同企画として、「中野大勝軒」店主の坂口光男氏が監修したオリジナル商品「つけめん(あつもり)」を2011年1月4日から関東地区のファミリーマート店舗(約3000店)で発売すると発表した。価格430円(税込)。

↑ つけ麺発祥の店「中野大勝軒」監修のつけめん(あつもり)
↑ つけ麺発祥の店「中野大勝軒」監修のつけめん(あつもり)

「つけめん(あつもり)」は、食べ応えのある中太の中華麺に、魚介と豚骨をベースにしょう油と酢で味付けした、さっぱりしたつけ汁をあわせ、チャーシュー、メンマ、味付半熟玉子、ねぎをトッピングしている。中野大勝軒の「元祖 つけそば」にならい、スープに酸味を効かせ、チャーシューを短冊状に仕立て、七味唐辛子を別添した。電子レンジで温めて食べることを推奨している。

また、パッケージフィルムには、店主・坂口光男氏による、“つけ麺の定義”を記載しており、つけ麺と中野大勝軒の歴史や、店主・坂口光男氏のつけ麺にかける熱い想いを知ることができる。

元々東京都中野区は「つけ麺発祥の地」と言われており、その元祖は今回の「中野大勝軒」であると言われている。2010年10月には中野区商店街連合会青年部が監修した「中野風つけめん」を関東地区のファミリーマート店舗で販売し、大きな反響を呼んだとのこと。それが縁となり、今回の「中野大勝軒」とのコラボは、同青年部の紹介により実現することになった。

つけ麺発祥の地「中野」の元祖「中野大勝軒」の味わいがどのようなものなのか、発売が非常に楽しみ。それと共に、関東のみでの展開なのが少々残念でもある。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー