【更新】牛丼御三家、揃って期間限定で牛丼値下げ

2011/01/07 06:38

牛丼値下げ[吉野家ホールディングス(9861)]は2011年1月6日、同社の子会社である牛丼チェーン店吉野家において、「最後の111周年記念 謝恩セール」として、同年1月11日午前10時から1月17日午後3時までの間、牛丼・牛皿・牛丼弁当・牛鮭定食・牛鮭サラダ定食を定価の110円引きで販売すると発表した(【発表リリース】)。また同日、[松屋フーズ(9887)]が運営する牛飯・カレー・定食店松屋も期間限定で牛めし(並)を240円で販売([発表リリース、PDF])、[ゼンショー(7550)]が展開する郊外型ファミリー牛丼店すき家も牛丼並盛を250円で販売するキャンペーンを発表している(【発表リリース】)。

三社の主力商品である牛丼(牛めし)の安売りキャンペーンは次の通り(いずれも2011年)。

■吉野家
・期間……1月11日午前10時-1月17日午後3時
・価格……牛丼並盛270円(定価380円)、その他牛丼・牛皿・牛丼弁当・牛鮭定食・牛鮭サラダ定食を定価から110円引き

■松屋
・期間……1月11日午前11時-1月17日午後3時
・価格……牛めし並盛240円(定価320円)、その他牛めしの各セットを値下げ

■すき家
・期間……1月11日午前9時-1月17日(1月18日午前9時まで)
・価格……牛丼並盛250円(定価280円)、その他各サイズも値下げ

三社はこれまでもタイミングを合わせるかのように相次いで主力商品の期間限定キャンペーンを展開してきた。今回は奇しくも三社ほぼ同じ時期での安売りなだけに、各社の成果動向が気になるところ。

本日別記事で挙げた三社の2010年12月分の営業成績にも見られるように、短期的には牛丼の値下げはプラスに働いているように見える。しかし中長期的に見れば、かつてマクドナルドが陥ったように「商品全体の価格イメージの下落」を招きかねない。その場合、牛丼以外の商品比率の高低が明暗を分けることになるのだが、その観点で見れば吉野家が一番不利な立ち位置にある。

その「消耗戦」で一番不利にいることを認識しているからこそ、吉野家は「牛鍋丼」「牛キムチクッパ」などの新戦略商品を展開し始めたと考えられる。とはいえ元々吉野家は多数メニューを提供する構造では無い。一連の値下げ競争では、その点でも吉野家が一番苦労しそうだ。


■関連記事:
【吉野家原点回帰で「牛鍋丼」発売】
【吉野家、牛鍋丼に続く戦略商品「牛キムチクッパ」を11月1日から展開】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー