進学塾の学究社、「タイガーマスク」に同調し500万円を拠出・ランドセル贈呈を決定

2011/01/14 06:46

「タイガーマスク」進学塾「ena」を運営する【学究社(9769)】は2011年1月13日、昨今の「タイガーマスク現象」に関して臨時取締役会を開催し、これに賛同の意を表すると共に500万円を拠出し、ランドセルを養護施設の次年度新小学一年生に贈ることを発表した。今後各方面と相談した上で、各養護施設に新学期に間に合うように贈呈する予定とのこと(【発表リリース】)。

↑ 群馬県の児童相談所に寄贈されたランドセル
↑ 群馬県の児童相談所に寄贈されたランドセル(再録)

「タイガーマスク現象」とは【群馬と神奈川に「タイガーマスク」からの贈りもの・ランドセルの寄贈相次ぐ】でも伝えたように、昨年のクリスマスに、群馬県の児童相談所にプロレス漫画・アニメの「タイガーマスク」の主人公名「伊達直人」氏を名乗る人物からランドセルの贈呈品が「クリスマスプレゼント」として行われていたのを発端とするもの。その意向に同意を示す人たちによって続々と「タイガーマスク」が各地に現れ、最近では他の人物を名乗った同様の「匿名による」「直接の」寄付行為が全国各地の養護施設に対して行われている。

今現象について学究社では13日に臨時取締役会を開催、教育の場にある者として深く感銘を受けたとし、これに「参加」すべく学究社自身から300万円、さらに同社役員から独自に拠出された200万円を足し、合計500万円を拠出。ランドセルを養護施設の次年度新小学1年生に贈ることを決定した。今後東京を中心に行政と相談した上で、各養護施設に新学期に間に合うよう贈呈するとしている。

なお今件寄付行為について同社では「弊社の気持ちは、匿名の多くの善意の方々と同じであり、同様に匿名による寄付を検討しましたが、上場企業としての支出であるため、秘密裏に行うことは不適切と判断し、この発表に到りました」とし、やむなく今件を公開したことも合わせて明らかにしている。

今件現象に対し(特にアニメ・漫画系の登場人物を名乗ることから)何かと揶揄する意見もある。しかしそれらの多くは単なる偏見に過ぎず、寄付行為を否定するだけの正当性は何も無い。このような動きが広がっていくことは喜ばしいことといえる。クリスマスのサンタクロースの話のように、定例行事化すら望みたいところだ。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー