あたらしい豚バラの食べ方?! 「味噌漬け豚バラ焼定食」松屋から発売

2013/12/13 10:30

味噌漬け豚バラ焼定食牛丼チェーン店松屋を運営する松屋フーズは2013年12月12日、定食の新商品となる「味噌漬け豚バラ焼定食」を同年12月19日午前10時から発売すると発表した。価格は580円(税込)。肉が2倍でライス大盛・特盛が無料で選択できるW定食は880円(税込)。いずれも生野菜・ライス・みそ汁付き。持ち帰り可能だがみそ汁は別途50円必要(【発表リリース:味噌漬け豚バラ焼定食新発売】)。

↑ 味噌漬け豚バラ焼定食
↑ 味噌漬け豚バラ焼定食

今回発売される「味噌漬け豚バラ焼定食」は、鉄板でキツネ色に香ばしく焼き上げた味噌漬けの豚バラ肉を、風味豊かな特製の味噌でいただくという、ご飯とほどよくマッチした一品。また今定食の注文者に限り、12月26日15時までライス大盛り、あるいは特盛が無料サービスされる特典も用意されている(通常はそれぞれ50円・100円の追加料金が必要)。

同社で発売されている「豚バラ(肉)」を用いた定食メニューとしては、すでに「豚バラ焼肉定食」と「スタミナ豚バラ生姜焼定食」が存在する。今回の「味噌漬け豚バラ焼定食」ので3種類目となるわけだが、今商品は調理前に味噌漬けをして味噌をじっくりと肉に染み込ませた上で、さらに食べる際に好みで味噌をつけることができるようにするという、味噌尽くしな切り口となっている。当然味噌とご飯はお似合いの組み合わせなため、ご飯がますます美味しくなるという次第。

また他の「豚バラ」系定食とは異なり、味噌をつけやすいようにとの配慮からか、豚バラ肉が比較的小さめに切り分けてあるのも特徴。一枚一枚好みの量の味噌に浸し、味噌たっぷりのままほかほかのご飯の上にのせ、味噌・ご飯・豚バラ肉、そして豚バラ肉からにじみ出る肉汁のアンサンブルを楽しむことができる。さらに添え物の刻みねぎを加えれば、ちょっとしたアクセントにもなる。

告知ポスターには「新提案」との言葉が躍っており、今件がいわゆる「提案型商品」であることが分かる。しかしご飯と味噌、そしてご飯と焼肉の組み合わせの良さを知っている人なら誰もが「提案する必要すら無い」という結論を導き出すことだろう。


■関連記事:
【牛めしと肉みそ茄子の合わせ技「肉味噌茄子コンボ牛めし」松屋で発売】
【モスから和のバーガー「さば味噌」「きんぴら」期間限定で登場】
【オカザえもん大活躍? 岡崎名物の八丁味噌使用パン・デザート、東海のローソンで限定発売】
【松屋から鶏つくねハンバーグ定食登場】
【松屋、カルビ焼肉定食復活】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー