「ふりかけて食べる」黄な粉付き・ローソンから「プレミアム黒みつと黄なこのロールケーキ」登場

2011/02/04 07:15

「プレミアム黒みつと黄なこのロールケーキ」[ローソン(2651)]は2011年2月3日、同年2月15日から全国のローソン店舗(ローソンストア100やSHOP99のぞく)にて、プレミアムロールケーキシリーズの第11作目にして最新作『プレミアム黒みつと黄なこのロールケーキ』を発売すると発表した。価格190円(税込)。和菓子では定番の組合せといえる「黒蜜(くろみつ)」と「黄な粉(きなこ)」をテーマとして取り上げ、「プレミアムロールケーキ」シリーズては初となる別口の小袋できな粉を添付するスタイルを採用している(【発表リリース】)。

↑ プレミアム黒みつと黄なこのロールケーキ
↑ プレミアム黒みつと黄なこのロールケーキ

黄な粉は、ローソンが行ったお客向けのアンケート(「食べたいロールケーキアンケート」:2010年11月実施)において、特に女性から人気の高かった食材とのこと。そこで生地やクリームに黄な粉を練り込むのではなく、別添の1グラムの黄な粉を食する直前に自身で振りかけることにより、黄な粉の風味を弱めず、特長である香ばしさを活かしている。いわゆる「ふりかけて食べる」というロールケーキの新スタイル。

なお「Uchi Cafe SWEETS(ウチカフェスイーツ)」ブランドとは、「自宅や職場で、本格的なおいしさと、カフェでのリラックスした時間を手軽に楽んでもらいたい」との基本方針を元に、『いつでも、おうちがカフェになる。』をコンセプトにしたデザート作りを推し進め、立ちあげたブランド。ローソンでは【ローソンの「ウチカフェスイーツ」1周年記念、定番・期間限定スイーツ続々登場】でも紹介したように、このブランドが1周年を迎えたのを機に、品質を向上させたワンランク上の定番的、あるいはプラスアルファ的な要素を加えたデザートの新商品も積極的に手掛けるようになった。

今回発売される『プレミアム黒みつと黄なこのロールケーキ』には、生クリームやスポンジ生地に合う素材として、黒蜜および黒糖にはコクのある甘さが特長の沖縄県産を、添付の香り高い黄な粉には栃木県産の大豆を使用している。

ローソンは「Uchi Cafe' SWEETSプレミアムロールケーキ」シリーズとして定番の「プレーン」と「チョコ」に加え、季節に合わせた第3の味を発売し、常に3種類を提供する販売スタイルを採用している。10作目として発売し、現在販売中の「プレミアムあまおうのロールケーキ」(【試食レポートはこちら】)は「あまおう」という食材にこだわったことが支持され、全国で1日平均20万個以上を販売するヒット商品にまで成長している。

きな粉を別口の袋で用意するあたり、斬新さと気合の入れ方がうかがえると共に、「和風ロールケーキ」の味わいが極めて気になるところでもある。こちらも今まで同様に、店頭に並び次第試食レポートをお届けすることにしよう。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー