湖池屋から50年前のポテトチップスを再現した「プレミアム」発売

2011/02/24 06:22

「コイケヤポテトチップス プレミアムのり塩」湖池屋は2011年2月23日、同社の看板商品「コイケヤポテトチップス」が来年に発売から50周年を迎えるのを記念して、「コイケヤポテトチップス プレミアムのり塩」「コイケヤポテトチップス プレミアムコンソメ」の2品を同年3月7日より静岡以東、同年3月21日より中京以西で発売すると発表した。1962年の発売当時の製法を再現した上で進化させ、最新の設備で生産して展開する。価格はオープン価格だが想定150円前後。内容量70グラム(【発表リリース】)。

↑ 「コイケヤポテトチップス プレミアムのり塩」「コイケヤポテトチップス プレミアムコンソメ」
↑ 「コイケヤポテトチップス プレミアムのり塩」「コイケヤポテトチップス プレミアムコンソメ」

リリースによれば今回発売される「コイケヤポテトチップス プレミアムのり塩」「コイケヤポテトチップス プレミアムコンソメ」では、元祖ポテトチップスの「釜揚げ製法」を再現。昨今発売している通常のポテトチップスよりも低温でじっくりとていねいに揚げる「素材そのまま うまみ凝縮製法」を用いることで、素材のもつ旨味を引き出し、50年前の発売当初の味を再現しているという。

「のり塩」味ののりは、風味と香りが豊かな徳島県吉野川産の「すじ青のり」と甘み・深みのある愛媛県産「うすば青のり」を使用。「コンソメ」味は和牛とチキンで濃厚な味わいに仕上げている。

「素材そのまま うまみ凝縮製法」で仕上げられた今回の「コイケヤポテトチップスプレミアム」は、通常の商品に比べて厚みがあり、味わいが強いという話もある。同社のポテトチップスに慣れ親しんだ人にも、気になる一品といえよう。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー