デジタル一眼レフカメラのテクニックが学べる「週刊 もっとデジイチライフ」デアゴスティーニから創刊

2011/03/04 07:12

デジタル一眼レフカメラデアゴスティーニ・ジャパンは2011年3月1日、「デジイチ」こと「デジタル一眼カメラ」の使い方などをまとめた週刊誌「週刊 もっとデジイチライフ」を同年3月8日から全国書店などで発売すると発表した。価格は創刊号が290円、2号以降は580円(税込)。全100号。創刊号には「アドビ フォトショップ エレメンツ 9(体験版)(Windows&Mac版)」が付属する(【発表リリースF】)。

↑ 創刊号表紙
↑ 創刊号表紙

↑ 撮影テクニック
↑ 撮影テクニック

本シリーズは、「イメージ通りの写真が撮れない」、「機能が多すぎて使い切れない」といった「デジイチ」を購入しても使いこなしきれない人や、今よりもっと良い写真を撮りたい人などに向けたマガジンシリーズ。カメラの構え方などの基本テクニックだけでなく、子供の写真や季節の花、旅行先での風景写真など、毎号2テーマ以上をとりあげ、失敗写真も例にあげながら、上手に撮影するためのテクニックをステップに沿って、ていねいに解説していく。さらに、主要各メーカーの設定方法を紹介するページもあり、取り上げるそれぞれのテーマに沿った撮影に最適な設定方法がひと目でわかる仕組み。

撮影後に、写真にレタッチ(修正)できるのが、デジタル写真の利点。本シリーズでは、写真編集・管理ソフト「アドビ フォトショップ エレメンツ 9」の体験版(Windows&Mac対応)を創刊号で提供し、そのさまざまな使い方も本誌で紹介。写真の画像補正、ひと味違った写真加工、そして撮影した写真の管理術まで、分かりやすいステップバイステップ方式で紹介していく。創刊号から15号までの応募券を集めると“製品版”にアップデートできるシリアルキーがもらえる特典つき。

↑ フォトレタッチ講座
↑ フォトレタッチ講座

本誌は毎号5つの章で構成される。

●テーマ別撮影テクニック
子どもの写真、季節の花などデジイチで撮りたいテーマを毎号2テーマ以上取り上げ、失敗写真を例にあげながらうまく撮影するためのステップをていねいに解説。

●フォトレタッチ講座
体験版などが提供される「フォトショップ エレメンツ 9」を使って、写真の画像補正の方法、ひと味違った写真加工の方法、そして撮影した写真の管理術まで、わかりやすいステップバイステップ方式で紹介。

●ベーシック講座
カメラの持ち方・構え方から、ピント・露出・光・構図まで撮影の知識と基本テクニックを紹介。

●カメラ機材ガイド
ボディの構造、レンズの種類や特徴、三脚など、機材全般について取り上げる。

●デジフォト・プラス
「より写真生活が楽しくなる」をテーマに、写真がデジタルになったことで利用可能となったサービスやデバイスの情報を紹介。

本誌は「デジイチ」利用者向けという設定ではあるが、構成項目の多くは「デジイチ」に限らずデジタルカメラ全般向けの、汎用的な情報・テクニック集のように見受けられる。

昨今ではデジタルカメラ本体の価格が非常にお値打ちなものとなり、さらには携帯電話の付属機能としてのデジタルカメラも高性能なものが増え、多くの人が気軽にデジタルカメラ・デジタル写真と接する時代となった。このような環境下において今回登場する「週刊 もっとデジイチライフ」は、多くの人のデジタルカメラライフをより有意義にしうるガイドブック足る、まさにうってつけのシリーズといえるだろう。


■関連記事:
【デジカメでより良い写真を撮るための7つの切り口】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー