東京スカイツリーを模したハヤシ&カレーライス登場

2011/03/08 05:35

東京ハヤシライス倶楽部監修 ハヤシ&カレーライス【サークルKサンクス(3337)】は2011年3月7日、東京の有名店「東京ハヤシライス倶楽部」監修のもと、第二東京タワーこと「東京スカイツリー」とのコラボ商品「東京ハヤシライス倶楽部監修 ハヤシ&カレーライス」を同年3月10日から3月23日までの間、関東地区のサークルKとサンクス店舗で発売すると発表した。価格550円(税込)。ご飯とカレー・ハヤシライスを巧みに組み合わせ、東京スカイツリーをイメージするように配している(【発表リリース】)。

↑ 東京ハヤシライス倶楽部監修 ハヤシ&カレーライス
↑ 東京ハヤシライス倶楽部監修 ハヤシ&カレーライス

「東京スカイツリー」とは東京都墨田区に2012年春に完成予定の自立式電波塔。高さは634メートルとなる予定で、自立式電波塔としては世界一の高さになる。ちなみにこの「634メートル」という高さは、「634=むさし(武蔵)」との語呂合わせから決定している。

今回期間・地域限定で発売される「東京ハヤシライス倶楽部監修ハヤシ&カレーライス」は、現在建設中の「東京スカイツリー」が今年3月にも最終的な高さ634メートルに到達するのに合わせて発売されるもの。「東京ハヤシライス倶楽部」の人気商品である黒いハヤシソース(豚肉使用)と、ハヤシライスに合うスパイシーなカレー(鶏肉使用)の2種類を一つのお弁当で楽しむことができる。ご飯も「東京スカイツリー」をイメージした盛り付けにし、タワーを模した形の上層部にあるトッピングには東京スカイツリーのロゴマークをイメージした3種類の野菜を散らし彩りを演出。

見た目の「東京スカイツリー」を想像させるご飯の盛りつけ方や、左右の背景部分で異なる色を見せるルー(ハヤシとカレー)の彩り、そしてビジュアル上のインパクトだけでなく、専門店の監修による本格的な味わいが、視覚と味覚で楽しませてくれる。タワー部分となるご飯にスプーンを置いて削っていくのがもったいない感すらある。

見た目の面白さや専門店監修による味わいの深さももちろんだが、一食分でカレーとハヤシの双方のルーが楽しめるのも嬉しいところ。ちょっとしたぜいたく感を楽しむこともできよう。


(c)TOKYO-SKYTREE

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー