学研、避難所の子供に向けに「道具無しでできる遊び」18種を紹介したPDFやアプリを無料配信

2011/03/27 06:35

「保育おたすけハンドブック いつでもどこでも編」【学研ホールディングス(9470)】は2011年3月25日、同社が運営する【学研電子ストア】において、東日本大地震(東北地方太平洋沖地震)の震災で避難所生活を余儀なくされている子供とその家族への情報面でのサポートとして、特別な道具を使わずに楽しめる遊びを紹介した部分を保育者向け雑誌の「保育おたすけハンドブック」から抜粋し、「いつでもどこでも編」として編集、PDF版として無料配信を開始したと発表した(【該当ファイル、PDF】)。また【iPhone・iPad用に無料配布されている電子書籍アプリ「学研電子ストア」】内においても無料配布を開始している(【発表リリース】)。

↑ 「保育おたすけハンドブック いつでもどこでも編」
↑ 「保育おたすけハンドブック いつでもどこでも編」

今回無料提供されるのは同社が販売している「保育おたすけハンドブック」から、特別な道具を使わずに楽しめる遊び全18種類を紹介した部分を抜粋した「いつでもどこでも編」。「わらべうた」「じゃんけんあそび」「クイズ&ゲームあそび」「伝承あそび」「おにごっこ」「運動あそび」の6カテゴリに大別され、それぞれが3つずつ図入りで解説されている。例えば「グリコ・チョコレート・パイナップル」や「おせんべやけたかな」など、大人でも良く知っている・覚えている遊びが多数盛り込まれている。

今回学研側では「東日本大震災で避難所生活を余儀なくされているこども達とご家族の方の心のケアになれば」との配慮から、道具が手に入りにくい避難所でも子供が遊べる「いつでもどこでも編」を編纂して提供。パソコンなどでダウンロードできるPDF版は、主に被災地でボランティアなどで活動する人のため、電子書籍アプリ版はそれに加えて現地の被災者自らの閲覧も考慮している。

学研側では今件ハンドブックの提供に際し「長引く避難所生活の中で疲れてしまったこども達の心が、”遊び”を通じて少しでも癒されることを望んでおります」とコメント、現地での子供達への心のケアを情報面でサポートできれば、と語っている。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー