ブラックサンダーシリーズに和菓子ライクな「ブラックサンダーまんじゅう」登場。ただし……

2011/04/18 07:03

ブラックサンダーまんじゅう以前【小さな巨人、「ブラックサンダー」とは】【「ブラックサンダー」と「ビッグサンダー」】などでも紹介したが、コンビニや100円ショップで「チロルチョコ」と並び、安価でちょっとした口休めにはぴったりのチョコレート菓子として知られている「ブラックサンダー」。「若い女性に大ヒット中!」というコピー通り女性はもちろんのこと、老若男女へ浸透を続け、バリエーションも【白いブラックサンダー】やミニブラックサンダー・ちびサンダー、さらには朝食代わりというコンセプトで作られた【モーニングサンダー】、ロイヤル食品との共同企画食品として「ブラックサンダーモナカ(アイス)」や「ブラックサンダーアイス」まで登場している。そのブラックサンダーファミリーに、今度は和菓子分野の新商品が登場した。その名もブラックサンダーまんじゅう。北海道のコンビニ限定の商品である。


↑ ブラックサンダーまんじゅう
↑ ブラックサンダーまんじゅう

販売元の有楽製菓の説明によると、

ブラックサンダーシリーズに脅威の飛行物体出現!なんとブラサンがまんじゅうになってしまいました。こってりガッツリ激満足感!謎のマスクの新キャラも登場です!!

自ら発売しておいて「なってしまいました」というのも何ともお茶目な話だが、その解説や【Excite Bitでのインタビュー記事】などによると、「ブラックサンダーまんじゅう」は北海道のコンビニエンスストア限定の商品。価格は1つ105円(税込)。キャッチコピーは「黒い雷神丸……ソフトに見えてわりと腹黒 おいしさ100万ボルト!」。

外見はごく普通の茶色いおまんじゅう(温泉まんじゅうを想像するとぴったり)。ただしココア生地のため、多少なりとも皮が固めなのだそうな。そして中身はまさに本家の「ブラックサンダー」の味わいそのもの。ビスケット(白っぽい粒)とココアクッキー(やや茶色っぽい粒)のクランチがカリカリといった食感をかもしていく。通常のおまんじゅうならばあんこに該当する部分はチョコクリームなので、「チョコまんじゅう」と表現した方が分かりやすいかもしれない。

レジ横・レジ前商品「白いブラックサンダー」同様に生産数が限られているため、現在はまだ北海道限定の商品とのこと。しかし知名度の高いブラックサンダーのバリエーションの一つであることや、おまんじゅうという馴染みの深い和菓子なこと、そして味わい的には和洋折衷的なところがあり、普通のおまんじゅうでは得られないカリカリ感という意外性を楽しめる点から、幅広い層に向けて十分なヒットを狙える商品といえる。

以前【レジ前のワゴン内の和菓子】でも解説したように、コンビニの「清算の際につい手を伸ばして買ってしまう」レジ横・レジ前商品のコーナーには、手頃な価格で目に留まりやすく、分かりやすい和菓子が並ぶことが多い。当方(東京住まい)の近所のコンビニのこのコーナーに、「ブラックサンダーまんじゅう」が配される日を一日千秋の想いで待ちたいところだ。


※2013.11.15.追記
現在では【ソフトサンダーまんじゅう】が発売されています。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー