ファミマから新スイーツシリーズ「とっておき」第一弾として「生クリームプリン」登場

2011/04/20 06:26

「生クリームプリン」[ファミリーマート(8028)]は2011年4月19日、オリジナルスイーツブランド「Sweets+」から、「とっておき」シリーズ第1弾として、濃厚でなめらかな「純生クリーム」を使用した「とっておきの生クリームプリン」を同年4月22日から、全国のファミリーマートで発売すると発表した。価格230円(税込)(【発表リリース】)。

↑ 「とっておきの生クリームプリン」
↑ 「とっておきの生クリームプリン」

「とっておきの生クリームプリン」は北海道生乳100%で作った“純生クリーム”を、トッピングだけでなく「プリン自体」にも使ったプリン。リリースの説明にいわく、「ファミリーマート史上最高品質のプリン」とのこと。“純生クリーム”は、なめらかで口当たりがよく、ミルク感をより一層楽しめるのが特徴。

このクリームの美味しさを引き出すために、6、7分の柔らかさでとろりと仕立て、黄身のうまみがしっかりとした卵をベースに仕立てたなめらかプリンにトッピングしている。また、パッケージも普段と違う“とっておき”感を演出したゴールドの紙容器で包んで仕上げている。

ファミリーマートでは、2006年にオリジナルスイーツブランド「Sweets+」を立ち上げ、スイーツを商品戦略の軸の一つとして注力している。この中で今回は、“いつも頑張っている自分へのご褒美(ごほうび)を、ファミリーマートで”をコンセプトに、幅広い客層から愛されている定番スイーツ「プリン」でワンランク上の商品開発をした。そして今後も継続して“とっておき”シリーズの新商品を発売していくと説明している。

特徴ある生クリームの開発と、それが大きなセールスポイントのスイーツのラインアップ。そしていつもとは違った時間の演出の素材として、少々リッチなそれらスイーツの提供。コンセプト的には【ローソンの「ウチカフェスイーツ」1周年記念、定番・期間限定スイーツ続々登場】で紹介したローソンの「Uchi Cafe SWEETS(ウチカフェスイーツ)」ブランドに近しいところがある。「とっておき」シリーズの肝となる「純生クリーム」がいかなる味わいを持つのか。発売日が待ち遠しい。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー