サントリー、ペプシコ社からペットボトル入り飲料水「アクアフィーナ」を緊急輸入・夏までに300万ケース

2011/04/22 06:33

「アクアフィーナ」サントリーホールディングスの子会社サントリー食品インターナショナルは2011年4月21日、ペットボトル入りの飲料水「アクアフィーナ」(軟水)500ミリリットル・ペットボトルをペプシコ社から輸入し、同年5月下旬以降全国で発売すると発表した。価格は98円(税込)。サントリーは飲料事業分野でペプシコ社と提携を結んでおり、今回の輸入措置となった(【発表リリース】)。

↑ アクアウォーター
↑ アクアウォーター

今回輸入される「アクアフィーナ」は、世界30か国以上で愛飲されているボトルドウォーター。乳幼児の飲用水や炊飯用にも利用できる軟水タイプ。東日本大地震・震災以降に急増している飲料水に対する需要に対応するため、輸入措置が取られることになった。

サントリーは飲料事業分野で【サントリー・米国ペプシコ社 日本での業務提携に基本合意(1997年)】にもある通り10年以上前から業務提携関係にある。そこでペプシコ社がアメリカで製造している「アクアフィーナ」を輸入し、全国での発売を決めた。初回に80万ケース(1ケースは24本入り)を調達、夏場に向けて総計約300万ケースを輸入・販売していく計画。

被災地への飲料水などの救援物資向け以外に、原発事故絡みでペットボトル入り飲料水の需要は急増しており、昨今ではラベルの生産・貼り付けが間に合わず(紙そのものが不足しているなどの要因もある)、ラベルなしのペットボトルが販売している事例もある。今回の輸入措置が少しでも、状況改善に役立つことを願いたいところだ。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー