電気自動車と路面電車・ヤマト運輸が手掛ける環境配慮への挑戦

2011/05/18 19:30

ヤマト運輸のコンテナ【ヤマトホールディングス(9064)】の子会社で「クロネコヤマトの宅急便」を展開するヤマト運輸は2011年5月17日、京都の京福電鉄と共同で、路面電車を活用した宅急便の輸送を開始すると発表した。また同日、【三菱自動車(7211)】の新世代電気自動車「i-MiEV(アイ・ミーブ)」に続く新世代軽商用電気自動車「MINICAB‐MiEV(ミニキャブ・ミーブ)」を100台発注し、集配業務に使用すると発表した。両方の施策とも「車両台数の抑制」「低公害な集配車両の導入」「エコドライブの推進」「走行距離の短縮」「モーダルシフト(輸送手段の転換)の推進」など、同社が進めている環境負荷の削減の一環であると説明している(【路面電車周りリリース】【電気自動車周りリリース】)。

路面電車を活用した集配システムの導入
ヤマト運輸が京福電鉄と共同で始めるのは、物流ターミナル(荷物のターミナル駅のようなもの)と嵐山担当営業所(地域の荷物集配所)との間の荷物の輸送に、これまでの配送トラックではなく、京福電鉄の路面電車「嵐電(らんでん)」を利用するというもの。

↑ 輸送概念図
↑ 輸送概念図

嵐電の車両を貨物車両として一両貸し切り、その中には「リヤカーに装着する集配用コンテナを搭載した台車ごと」積みこんで輸送。京福電鉄の嵐山駅や嵐電嵯峨駅で台車が降ろされ、駅では待機していたヤマト運輸のドライバーが受領。そのままリヤカー付き電動自動車に積み込み、各お客まで配送される。

↑ 試験運用時の様子
↑ 試験運用時の様子

要はJRなどで行われている「貨物列車」と「輸送用トラック」のコンビネーションによる貨物輸送を、「荷物」も「規模」も「利用する車両」もミニサイズ化して実施するようなもの。このシステムの導入で、トラックの利用を減らすことができる。さらに今後、リヤカー付き電動自転車でカバーできない嵐山周辺地域では、後述する商用軽電気自動車を今年度中に導入する予定とのこと。

商用電気自動車「MINICAB‐MiEV(ミニキャブ・ミーブ)」を100台発注
同日発表されたのは、三菱自動車が2011年4月1日に【発表した】、軽商用電気自動車『MINICAB-MiEV(ミニキャブ・ミーブ)』の100台受注。すでに2010年10月から三菱とヤマト両社で実証走行実験が行われており、この結果を踏まえてヤマト側では「宅配事業において軽商用EVは対応可能」と判断。導入が決定された。

↑ MINICAB-MiEV(ミニキャブ・ミーブ)実証試験車
↑ MINICAB-MiEV(ミニキャブ・ミーブ)実証試験車(【三菱自動車内公式サイトより】)

ミニキャブ・ミーブは物流ターミナル「羽田クロノゲート」建設と合わせて集配中の二酸化炭素排出ゼロを目指している東京羽田地区、そして上記の路面電車活用によるモーダルシフトが行われる京都市で展開される。100台のミニキャブ・ミーブは本年末に納車開始予定で、2011年度中に30台、2012年度以降に残り70台を現場に配備する計画。



電気自動車100台の一括発注はやや大きめな規模ではあるが、京福電鉄のモーダルシフトの試みと合わせ、ヤマト運輸側では実施運用も兼ねた大規模な実証実験、そしてノウハウの蓄積をしているようにも思える。京福電鉄の件はローカル線との組み合わせて地方地域に応用が可能となりうるし、電気自動車の導入は比較的狭い地域に多くの顧客が集中している都市圏での運用が想定できる。

今後環境の変化や技術の進歩にあわせ、環境負荷の軽減という大方針のもとで、さまざまな事例に対応できるよう経験の積み重ねとマニュアル化を進めながら、対応範囲を広げて行くのだろう。


■関連記事:
【セブン-イレブン、茨城県城里町で買い物弱者対策として移動販売「セブンあんしんお届け便」の運用開始】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー