使徒を立体化した食玩「使徒のカタチ」出現

2011/05/20 06:26

「使徒のカタチ」バンダイは2011年5月19日、2007年からシリーズで公開しているアニメーション映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』に登場する謎の敵「使徒(しと)」と主人公達の操縦する「エヴァンゲリオン(EVA、エヴァ)」各機の彩色済み人形が付いた玩具菓子『ヱヴァンゲリヲン新劇場版 使徒のカタチ』(全12種・各294円/税込、彩色済み人形1セット・ガム1個)を同年5月30日より順次発売すると発表した。パッケージサイズは107×55×50ミリ。内包されている人形は台座込みで(40-98)×(38-110)×(38-55)ミリ。人形によってサイズが異なる(【発表リリース】)。

↑ ヱヴァンゲリヲン新劇場版 使徒のカタチ
↑ ヱヴァンゲリヲン新劇場版 使徒のカタチ

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版 使徒のカタチ』は、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』に登場した「使徒」8体を一挙に立体化したもので、「使徒」の特異な形状や質感をリアルに再現している。ラインナップには、細やかな彩色の施された「使徒」、単色クリアもしくは単色メタリックの彩色が施された「EVA」各機があり、人形の台座は、落ち着きのある黒で統一されている。

使徒8体もの「使徒」と「EVA」が統一の台座上で一度に立体化されるのは今回が初めて。1体ごとの独特なディティールをじっくりと眺めたり、全種集めて多彩なフォルムを贅沢に楽しんだり、さらには卓上に並べて“立体使徒図鑑”として楽しむなど、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』の世界観の新しい楽しみ方を堪能することができる。

映画など2次元の世界で観るものとは違い、立体で目の前で捕えられる「使徒」の造型は、「異様な形状」という特徴を再認識させてくれる。「こんな形のものが映画に出てくるようなサイズで現れたら、どう考えても逃げ出したくなるよなあ」という、恐怖のリアリズムを再確認することができるに違いない。


(C)カラー

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー