イトーヨーカ堂、仮設住宅約6000戸分の生活用品を提供へ

2011/05/27 06:29

トイレタリー【セブン&アイホールディングス(3382)】子会社のイトーヨーカ堂は2011年5月26日、同年6月上旬から8月末にかけて、特定非営利活動法人ワールド・ビジョン・ジャパンと協働で、岩手県・宮城県における約6000世帯の仮設住宅に対し、生活用品や衣料品の物品提供を始めると発表した。まずは6月上旬から、宮城県気仙沼市と南三陸町の約2000世帯に対し仮設住宅の完成に合わせ、順次供給することになる(【発表リリース】)。

今件リリースで列挙されている、提供予定物品は次の通り。

●一世帯用セットの一例(52アイテム)
衛生用品……シャンプー、石鹸、歯磨き粉、トイレットペーパー、洗面器、バスタオル、ティッシュペーパー、ヘアブラシ
台所用品……やかん、両手鍋、フライパン、包丁、まな板、台所洗剤、スポンジ、ラップ、アルミホイル、栓抜き・缶切り、お玉、ざる、ボール、ふきん、ごみ箱、ごみ袋
掃除用品……ほうき、ちりとり、洗濯用洗剤、ぞうきん、物干し竿、ハンガー
救急用品……救急ばんそうこう、爪切り、体温計、綿棒、救急箱
その他……時計、座卓、延長コード、裁縫セット、はさみ、マジック、シャープペンシル、ボールペン、ノート

●一人暮らし世帯用セットの一例(13アイテム)
生活用品……茶碗、汁椀、皿、マグカップ、はし、スプーン、タオル、歯ブラシ、髭剃り用カミソリ(男性のみ)、生理用品(女性のみ)
衣料品……Tシャツ、ジャージ(上下)、下着、靴下
※男性用、女性用、子供用の各サイズ別

この提供物品リストはあくまでも一例。現地からの要望に合わせ 「一世帯に必ず必要なもの」「一人暮らし世帯に必ず必要なもの」「男性用、女性用、子供用の各サイズ別の衣料品」などの細かい分類を行い、被災された人達に納得できる物品を提供すると説明している。

また同社では今回の大規模支援について「重要な生活インフラとしての小売業の使命、また、地域社会の一員としての責任」とし、先に【イケア・ジャパン、仮設住宅1万5000戸分の生活用品を提供へ】で紹介したイケア・ジャパンと同様の主旨・志であることを語っている。

今回の震災の場合、仮設住宅の建設が始まっても、周囲のインフラが再構築されていない、それどころが現時点でも復旧作業過程にある場合も少なくない。個々の世帯の事情により細かなニーズに違いは出てくるだろうが、このような「まとめてセットで提供」というパターンは誠にありがたいものといえよう。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー