「ろーそん亭」から女性向けチルド弁当『本格インド風カレー』登場

2011/06/02 06:08

『本格インド風カレー』[ローソン(2651)]は2011年6月1日、オリジナルブランド「ろーそん亭」の新商品「本格インド風カレー」を同年6月7日から発売すると発表した。価格498円(税込)(発表リリース)。

↑ 「本格インド風カレー」
↑ 「本格インド風カレー」

今回発売される「本格インド風カレー」は、チキンと玉ねぎ・トマトなどの4種の野菜とクミン・コリアンダーなど15種類の香辛料を使ったカレー。専門店で人気のあるチキン・かぼちゃ・オクラをトッピングし、彩りも鮮やかなものとなっている。チルド弁当ならではの製法でスパイスの風味が活かされており、味わいも本格的なものに仕上げられているとのこと。

『ろーそん亭』は、数々のオリジナルブランドで培ったノウハウを集結し、原材料や製法にこだわった新機軸の弁当ブランド。これまでコンビニのお弁当を購入する機会が少なかった女性客をターゲットにしている(ブランド名は分かりやすさを向上させるため、「浪そん亭」から平仮名表記の「ろーそん亭」に差し替えられている)。

このブランドは手書き風のあたたかみのあるパッケージや、食感のよい野菜を盛りつけたメニュー、デザートなどと組み合わせしやすいミニサイズの展開などが特徴。リリースによれば2011年3月の発売開始からシリーズ累計で、約800万個を販売する人気シリーズとして台頭している。また通常の弁当における女性購入比率が約2割なのに対し、「ろーそん亭」は約5割に達し、「女性客をターゲット」というローソン側の目論見は見事に的中。さらにこれがお弁当全体の販売数をかさ上げし、4月にはお弁当の販売高が過去10年間では最大の伸びとなる「前年比116%」を記録したとのこと。

これから暑さを肌身で感じる季節になると、食欲も自然に減退気味となる。見た目だけでもあでやかで食欲を盛り返させてくれそうな、インドカレーのスパイシーな味わいと刺激が、どこまで(特に女性陣の)支持を集めるのか。注目したいところだ。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー