【更新】森永乳業、クリープ50周年を記念して「ラテアート」を自在に描けるサイト・iPhoneアプリを無料公開

2011/06/04 06:41

LATTE HEART MESSAGE【森永乳業(2264)】は2011年5月30日、同社の乳製品「クリープ」の発売50周年を迎えるのを記念して、「ラテアート」を描いてメッセージを贈ることができるサイト[LATTE HEART MESSAGE]を同年6月1日から公開すると発表した(現在公開中)。iPhone向けに同様のラテアート作りが楽しめるiPhone向けアプリ【ポケットラテアート】(ダウンロード無料)も公開している。

↑ LATTE HEART MESSAGE
↑ LATTE HEART MESSAGE

「クリープ」は1961年にコーヒーのお供として発売されたクリ―ミングパウダー。数あるクリーミングパウダーの中、唯一の「ミルク生まれ(乳脂肪100%)」であり、『豊かなコクとほのかな甘味がコーヒーの味わいを引き立てる』との定評がある。

同社では昨年12月から、クリープを使ってラテアート(エスプレッソなどの飲み物の上で作られたデザイン)を作る楽しみ方を伝えている。今回公開された「LATTE HEART MESSAGE」もその一環で、一杯のコーヒーにさまざまな世界を描き出す「ラテアート」を、サイト上でマウスを使ってつくることができる機能を提供している。また、大切な人を想いながらラテアートを描くと、画面内に登場する“クリープの精”によって、ユーザーが相手に伝えるべき「メッセージ」が導き出され、描いたラテアートとメッセージをスペシャルムービーとともに、メール・Twitter・Facebookなどで送信することができる仕掛けが用意されている。

↑ 一から手掛けるのが難しい場合は、既存データを読み込ませたり任意のツイッターIDを入力してそのアイコンデータを借用することができる
↑ 一から手掛けるのが難しい場合は、既存データを読み込ませたり任意のツイッターIDを入力してそのアイコンデータを借用することができる

↑ 完成したラテアートには「クリープの精」達が色々なメッセージを添えてムービーを創生する
↑ 完成したラテアートには「クリープの精」達が色々なメッセージを添えてムービーを創生する

iPhone用アプリ画面上でラテアートを作るには本物同様にクリープミルクの注ぎ方やピックの使い方、チョコソースの投入の仕方など色々気を使い、動きを予想しながら操作していく必要があるため、なかなか思う通りに行かない。失敗してもすぐにやり直しが出来るのが幸いだ(既存のレシピデータをコピーしたり、ツイッターアイコンのデータを転送したり、「クリープの精」との共同作業を行う事もできる)。特にツイッターアイコンのデータ転送は、自分自身のものだけでなく、他人様のIDを入力してアイコンを借用することも可能なので、色々と手掛けることもできる。

通常メールだけでなくソーシャルメディアとも連動しているのが粋な計らい。iPhone用アプリでも楽しめるから、出先でもちょっとした時間つぶしには最適なものとなるに違いない。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー