【更新】70-90年の懐かし氷菓バーアイス「みぞれバー」、夏限定で復活

2011/06/07 05:25

「みぞれバー」【森永製菓(2201)】は2011年6月6日、同社が1973年から1999年まで発売していたアイスキャンディー「みぞれバー」をグレープフルーツ果汁100%にした上で、同年6月13日から夏期限定で発売すると発表した。100ミリリットルサイズ、価格126円(税込)。コンビニなどでの発売となる([発表リリース、PDF])。

↑ 今回発売される「みぞれバー」
↑ 今回発売される「みぞれバー」

↑ 1973年発売当時のデザインと、1980年後半から1995年まで展開された2代目のデザイン
↑ 1973年発売当時のデザインと、1980年後半から1995年まで展開された2代目のデザイン

「みぞれバー」は、1973年に“みぞれ氷をもっと手軽に食べやすく”というコンセプトで発売されたアイスキャンディー。その後1980年後半にデザインを更新するなどし、最終的には1999年まで発売された。今回発売される「みぞれバー」では、グレープフルーツ果汁100%による自然な「果実感」的な美味しさと、ザクザクとしたみぞれ氷の食感が楽しめる、現代のし好にあわせた品質に仕立てられている(1本を食べきれるように苦味・酸味と甘さのバランスを調整してあるとのこと)。

今夏は電力事情もあり、これまで以上にさまざまな工夫で暑さを乗り切ろうとする動きが見受けられる。今回発売される「みぞれバー」のリニューアル・リメイクでの登場もまた、その機運に合わせてのものだろう。昔の「みぞれバー」を好んでいた人はその味を懐かしみ、はじめて体験する人はザクザク感を楽しみながら、食してみてはいかがだろうか。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー