合格祈願文珍「オクトパス君」、「復興ダコ」として復活

2011/07/03 06:17

「復興ダコ」以前【「置く」と「パス」、タコの文鎮「オクトパス君」が受験生の注目を集める】で紹介した、宮城県南三陸町で展開されていた同地特産の「タコ(蛸)」をモチーフにした文鎮「オクトパス君」。東日本大地震とそれに伴う津波・震災で、GoogleMapなどでも該当店舗の流失が確認され、動向が気になるところだった。南三陸町の観光協会公式サイトによれば2011年6月14日付の公知で、同町の有志により「南三陸復興ダコの会」が結成され、販売が再開されたとのことである(【該当リリース】【販売サイト】)。

↑ 販売サイト
↑ 販売サイト

オクトパス君まんが南三陸町の観光協会では同地域の特産品などを使い色々な贈呈品・おみやげを作成。その一環として2009年から志津川タコ(リリースにいわく「西の明石、東の志津川」と呼ばれるほどに有名だそうな)をイメージした「オクトパス君」の販売を開始した。これは【発売時のリリース】にもあるように、タコを表す英語「オクトパス(Octopus)」と、「置くと・(受験がきっと)」「パス(合格する)」を掛け合わせた意味合いを持つ、縁起物の文鎮。その形状からシンプルでしっかりとした安定感を持ち、縁起物としてはもちろん通常の文鎮としても十分役立つ優れ物。

さらに別売りの「頭の鉢巻き・のぼり旗・置き台」をセットにすることで、よりいっそう「合格祈願色」が強くなる。そして同時にそのしゃれっ気のある「かけ言葉」を頭に想い浮かべるたびに、見ている人の気持ちを和ませてくれる。

ところが今般東日本大地震と津波により、工場、そして販売元だった南三陸町のボックスショップ兼無料休憩所【汐風カフェ】も流失。職員は無事だったものの各種データもすべて失われ、現時点では販売店は身動きが取れない状況にあるとのこと。一方「オクトパス君」そのものは有志で結成された「南三陸復興ダコの会」により、「東北復興 ゆめ多幸鎮 オクトパス君」(復興ダコ)として再販売されることになった。

今タコ文鎮「東北復興 ゆめ多幸鎮 オクトパス君」は、1つの希望「東北の復興」と3つの願い「合格祈願」「除災願」「商売繁盛」をテーマとし、以前の通常版に加え、以前三陸地方で採掘され奥州平泉文化を支えた砂金をイメージする形で金箔箔押しされた「黄金の多幸鎮」も開発、販売される。

価格は通常の「ゆめ多幸鎮 赤ダコ」が1200円・金箔の「ゆめ多幸鎮 金ダコ」が3400円・2種セットが4500円(税込、送料・代引き手数料別)。サイズは共に50×50×50ミリ、置板付き、赤ダコは3つの願いの幟旗付き。収益の一部は東北復興支援金として被害が甚大な福島県、宮城県、岩手県および地元の南三陸町に均等配分し、寄付されることになる。

以前の合格祈願と比べると、希望が一つ、願いが二つ増えたことになり、各タコに課せられた想いは大いに増えたことになる。その分「重み」が増し、文鎮としての役割もますます果たせるようになるに違いない。そしてその重みは、各被災地域の復興への足がかりにもなることだろう。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー