ローソンからフライヤーで仕上げた焼き鳥4種登場

2011/07/05 06:24

ローソン焼き鳥[ローソン(2651)]は2011年7月4日、同年7月5日から全国同店店舗(ナチュラルローソン、ローソンSTORE100、SHOP99のぞく)において、「炭火やきとり」4種類を発売すると発表した。「かわ・もも(タレ)」「もも(タレ)」「もも(塩)」「つくね(タレ)」の全4種類で、各種90円(税込)(【発表リリース】)。

↑ 「炭火やきとり」4種類
↑ 「炭火やきとり」4種類

今回発売される「炭火やきとり」は、専門店で食べる時のような香ばしさとジューシーさ(肉汁の豊富さ)を出すため、一本一本手作業でタレを付けて炭火で焼いた後、瞬間冷凍して旨みをとじこめている。その後、店舗のフライヤーで油を用いて揚げることで、表面は「パリッ」と中は「ふっくら」とした食感になったとのこと。ローソン側ではこの「炭火やきとり」について、いわゆる「家飲み」のおつまみ、そしてご飯のおかずとしてチョイスしてほしいと提案している。

「つくね」はともかくとして、「かわ・もも(タレ)」「もも(タレ)」「もも(塩)」は結構通好み、推奨文面にもあるように「お酒のおつまみ」としてチョイスされることが多く、ターゲットを中堅層としている感はある。またコンビニの焼き鳥で焦点となるのは、やはりその味わい。”表面は「パリッ」と中は「ふっくら」とした食感”と表現している歯ごたえがどこまで満足できるものなのか、気になるところだ。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー