接着剤も塗料も不要、パーツ数は30足らず・「ポケットモンスター」のプラモデル「ポケプラ ファーストシリーズ」がバンダイから発売

2011/07/14 06:47

「ポケプラ ファーストシリーズ」バンダイは2011年7月13日、「ポケットモンスター」のプラモデル「ポケモンプラモコレクション(ポケプラ)」の新シリーズとして、「ポケプラ ファーストシリーズ」を同年7月16日から発売すると発表した。全2種類『ピカチュウ』『ビクティニ』でそれぞれ600円(税込)(【発表リリース】)。

↑ ピカチュウ(左)とビクティニ(右)
↑ ピカチュウ(左)とビクティニ(右)

↑ 例えばピカチュウの場合、全長は約75ミリとかなりの大きさ
↑ 例えばピカチュウの場合、全長は約75ミリとかなりの大きさ

「ポケプラ」は、バンダイが2009年より展開する対象年齢6歳以上の子供向けプラモデルで、これまでに18アイテムが販売されている。今回発売する「ファーストシリーズ」は、パーツが大きくなり、さらに組み立てやすいもので構成されている。パーツはランナー(プラモデルの外枠)から手で取り外すことができ、接着剤なども不要なので、プラモデル初心者でも楽しく組立てられる。

↑ 組み立てる時に工具や接着剤は不必要
↑ 組み立てる時に工具や接着剤は不必要

第1弾は、主人公サトシのパートナー『ピカチュウ』と、2011年7月16日から公開される劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ「ビクティニと黒き英雄 ゼクロム」「ビクティニと白き英雄 レシラム」に登場する『ビクティニ』の2種が発売される。また“ポケプラアクション”と呼ばれるギミックにより、、ピカチュウは耳が、ビクティニは腕が動くなど、組立てた後も楽しく遊ぶことができる。

↑ 例えばピカチュウは首を振ると連動して耳が動く・連動か所以外にも、しっぽや腕を動かすことができるなど、ギミックも豊富
↑ 例えばピカチュウは首を振ると連動して耳が動く・連動か所以外にも、しっぽや腕を動かすことができるなど、ギミックも豊富

今件シリーズは接着剤を使わずにパーツ同士をかみ合わせて創る「スナップフィット」と呼ばれる方式、各種部位をパーツの段階で色づけして塗装の必要を無くす「色プラ」の採用など、いわゆるガンプラ(ガンダムのプラモデル)の技術が使われている。パーツ数も30足らずと工作も容易。それでも自分の手で創り上げたピカチュウやビクティニには、最初から完成しているものよりも愛着心を覚えることだろう。


(c)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku
(c)Pokemon
(c)2011ピカチュウプロジェクト


スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー