『ガンダム』世界のカードバトルゲーム『ガンダムトライエイジ』7月28日から稼働開始

2011/07/17 06:46

ガンダムトライエイジバンダイは2011年7月15日、アミューズメントセンター向けのゲーム筺体(きょうたい)として進化系カードバトルゲーム「ガンダムトライエイジ」を同年7月28日から逐次稼働開始させることを発表した。1プレイ1枚100円(税込)。最大でモビルスーツカード3枚・パイロットカード3枚の計6枚でプレイヤー独自のモビルスーツ小隊を編成し、相手と対戦することになる(【発表リリース】)。


↑ 展示会で公開されていた『ガンダムトライエイジ』をテストプレイした人の様子。
↑ 展示会で公開されていた『ガンダムトライエイジ』をテストプレイした人の様子。【直接リンクはこちら】

↑ 「パイロットカード」と「モビルスーツカード」
↑ 「パイロットカード」と「モビルスーツカード」

「ガンダムトライエイジ」は、デジタルデータとカードゲームを融合させたデジタルキッズカードマシン。「モビルスーツカード」3枚と「パイロットカード」3枚、合わせて最大6枚のカードを組み合わせて小隊を編成する。そしてカードを筐体のパネル上に置くと、液晶モニターにそのモビルスーツやパイロットが登場。プレイヤーがその小隊の隊長となり、パネル上のカードを動かして、敵のモビルスーツを攻撃できる。カードの動きがそのまま画面上に反映されるので、リアリティにあふれた“操作感”を楽しむことができる。

↑ パネル上でカードを操作し敵とバトル
↑ パネル上でカードを操作し敵とバトル

さらに「モビルスーツカード」と「パイロットカード」の組み合わせにより、攻撃力などのモビルスーツの強さが変わったり(例えばガンダムとアムロ・レイのように作品に合わせた組合せでパネル上にセットすると、モビルスーツの必殺技の強さが上がる)、別売りのICカード(525円・税込)を使うことで戦績によりモビルスーツの性能が上げられるなど、シンプルな操作ながらも戦略性にも富んだバトルの展開が可能となる。

筺体今シリーズではさまざまな「ガンダム」シリーズの作品からモビルスーツやパイロットが参戦しているので、作品を越えた自分だけのオリジナル小隊を編成してバトルが楽しめることも魅力の一つ。2011年7月28日より稼働する「0弾」は、「機動戦士ガンダム」「機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY」「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)」「機動戦士ガンダムOO」の4作品のキャラクター(13モビルスーツ、14パイロットキャラクタ)が、10月上旬より稼働する「1弾」では、この4作品に10月よりMBS・TBS系列にてアニメの放映がスタートする「機動戦士ガンダムAGE」を加えた5作品からキャラクターが登場する。さらに「1弾」では「機動戦士ガンダムAGE」の放映に合わせて、劇中戦闘シーンを再現したミッションの配信を行い、番組で見た戦いをすぐにゲームで追体験出来る仕組みを提供する予定。

「0弾」では提供されるカードの種類は58種(コモン27種、レア15種、マスターレア9種、パーフェクトレア5種)、10月上旬稼働予定の「1弾」では73種。プレー時間は約5分で、1プレイ100円につき必ず1枚カードがもらえる。また、プレイをせずにカードの購入のみも可能。「0弾」は対コンピューター戦のみだが、「1弾」からは対戦機能を追加予定。

【公式サイト】で確認すると、完成済みのフィギュアやプラモデルを読み込ませて戦わせるゲーム筺体シリーズ「ゲイジングバトル」で使うフィギュア・プラモデルに、「ガンダムトライエイジ」用のカードが付属する。これらの兄弟的立ち位置にあるゲームや、今年10月放映開始のアニメとの連動など、クロスオーバー的な展開も楽しみなシリーズになることだろう。


(C)創通・サンライズ (C)創通・サンライズ・毎日放送

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー