【更新】吉野家が期間限定で牛丼値下げ・並盛270円に

2011/07/20 06:15

牛丼[吉野家ホールディングス(9861)]は2011年7月19日、同社の子会社である牛丼チェーン店吉野家において「夏の牛丼祭」と称し、メインメニューの牛丼・並盛を期間限定で通常価格の380円から110円引きの270円で販売すると発表した。同時に類似メニューの牛丼弁当なども110円引きとなる。期間は同年7月26日午前10時から8月2日午後3時まで([発表リリース])。

↑ 吉野家・夏の牛丼祭
↑ 吉野家・夏の牛丼祭

吉野家では今回「夏の牛丼祭」と称し、期間限定で牛丼・牛丼弁当・牛皿・牛鮭定食・牛鮭サラダ定食を110円引きで提供する。ただしこの期間中、一部店舗をのぞき、販売メニューは牛丼・牛皿・牛鮭定食・牛鮭サラダ定食・朝定食(朝5時-10時)限定となる(サイドメニューは通常通り)。また、そば処吉野家、四国地区の店舗、競馬場・競艇場内店舗、ならびに臨時店舗などでは今キャンペーンは実施されない。

吉野家の値下げの際には大抵において「牛丼御三家」の他の二社も揃って値引きを行う傾向があるが、現時点で[松屋フーズ(9887)]が運営する牛飯・カレー・定食店「松屋」は7月4日-10日まで「牛めし並盛240円セール」をしたばかり、[ゼンショー(7550)]が展開する郊外型ファミリー牛丼店「すき家」は昨月の6月24日-30日に牛丼並盛250円セールを実施したのが最後で、吉野家の動きに同調する気配は確認できない。

今回は久々に吉野家単独での牛丼割引期間となりそうだが、これが同社の売上にどのような影響をもたらすことになるのか。月次の売上報告が気になるところだ。

■関連記事:
【牛丼御三家の2011年6月分営業成績をグラフ化してみる】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー