マクドナルドの「チキンタツタ」8月12日から期間限定販売・ツイッターでのキャンペーンも実施

2011/07/27 06:24

「チキンタツタ」[マクドナルド(2702)]は2011年7月26日、同社の期間限定メニューとして何度となく再登場している「チキンタツタ」を、同年8月12日から全国同社店舗で販売すると発表した。9月上旬までの販売予定で、単品価格は300-320円、バリューセットは610-640円。販売時間は午前10時半-閉店・24時間営業店舗では午前5時からの朝マック時間帯「以外」で販売(【発表リリース】)。

↑ チキンタツタ
↑ チキンタツタ

「チキンタツタ」は、1991年に期間限定メニューとして登場し、1992年から2004年までレギュラーメニューとして販売されたチキンバーガー。復活販売を求める多くの要望に応える形で、2009年、2010年に期間限定で販売した、マクドナルドでも最も人気の高い期間限定商品の一つ。今回の販売は1年3か月ぶりのこととなる。

商品概要はといえば、しょうが醤油(しょうゆ)の風味香るやわらかいチキンのタツタパティを、シャキシャキ感のある千切りキャベツ、辛味のあるソースとともにオリジナルのスチームバンズでサンドしている。ほのかな甘みのあるバンズ(パンの部分)は一つ一つ、人の手でむすぶ工程を加え、さらに店舗でバンズを蒸しているので、確かな食感と共にふんわりとした柔らかみを覚える仕上がりになっている。

なお、公式ウェブサイトでは、「チキンタツタ」生誕20年を記念すると共に、チキンタツタの登場をファンとともにお祝いする「マックカードプレゼントTwitterキャンペーン」も実施する。マクドナルドのパソコンサイト上で、1日1回チキンタツタに関するトリビアクイズを出題、結果をTwitterで「#McD_ckn」をつけてつぶやいた方の中から、1000円分のマックカードを毎日10名に抽選でプレゼントするというものだが、詳細は8月8日に公開されるとのこと。

どっしりとした重量感とパンズのふわふわ感、チキンの柔らかさとザクザク感が心地よいキャベツが織り成す歯ごたえの一体感は、チキン系アイテムが好きな人にはたまらない一品。多くの人が発売を待ち焦がれるに違いない。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー