吉野家でカレー…吉野家から「こく旨カレー」「旨辛カレー」登場

2011/07/28 06:31

「こく旨カレー」「旨辛カレー」[吉野家ホールディングス(9861)]は2011年7月27日、同社の子会社である牛丼チェーン店吉野家において、同年8月2日15時から「こく旨カレー」と「旨辛カレー」を発売すると発表した。同時に牛丼とカレーを合わせた「牛丼・カレー」も発売する。価格はそれぞれ330円・330円・480円(いずれも並盛)。持ち帰りも可能(【発表リリース】)。

↑ 「こく旨カレー」「旨辛カレー」「牛丼・カレー」
↑ 「こく旨カレー」「旨辛カレー」「牛丼・カレー」

今回発売されるカレーについて吉野家側では、「築地市場の食堂カレー」をイメージして創り上げたとしている。いわく「たっぷりの野菜を煮込みながら、ジャガイモとにんじんを大振りの角切りにすることで、ゴロゴロした食感をお楽しみいただける、手作り風カレー」とのこと。牛丼屋である吉野家で得意食材の肉ではなく、あえて野菜を主役にすることで、普段から牛丼をはじめとする肉料理を食する顧客に「あきのこないうまさ」を提供すると同時に、市場の食堂では定番ともいえる「あいがけ」にしたときに、牛丼と組み合わせた味の広がりを楽しめるカレーに仕上げている。

提供されるカレーの種類は二種類。

・「こく旨カレー」
たっぷりの野菜を長時間かけてブイヨンで煮込んだ、「うま味」ベースのカレー

・「旨辛カレー」
カレーの味を決める「スパイシーさ」と「辛味」のバランスを、さわやかで奥深い旨さに仕上げたカレー

さらにこの両者のいずれかのルーを選べる、牛丼の肉を使った「牛丼・カレー」も提供される。

吉野家におけるカレーの提供は何度か行われているが、昨今では牛丼周りに専念というなのか、販売は行われていなかった。一方で月次の「牛丼御三家」における営業成績分析からもかいま見られるように、吉野家ではメニューのバラエティさがウィークポイントの一つとされている。今回のカレーの発売で、同社の営業成績にどのような変化が起きるのか、8月以降の値の動向に注目したいところだ。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー