野菜がミソ! すき家から「コクみそ野菜牛丼」など登場

2013/12/19 09:30

コクみそ野菜牛丼ゼンショーは2013年12月18日、同社が展開する牛丼チェーン店すき家において同年12月26日午前9時から、新メニューとなる「コクみそ野菜牛丼」「コクみそ野菜牛皿定食」を発売すると発表した。価格は並盛がそれぞれ450円・590円(税込)。野菜は別皿で提供。定食は持ち帰り不可(【発表リリース:冬の元気はすき家から すき家の「コクみそ野菜牛丼」「コクみそ野菜牛皿定食」新発売】)。

↑ 「コクみそ野菜牛丼」「コクみそ野菜牛皿定食」
↑ 「コクみそ野菜牛丼」「コクみそ野菜牛皿定食」

今回発売される「コクみそ野菜牛丼」などは、たっぷりの温野菜をすき家独自の「味噌だれ」で仕上げ、牛丼の上に配した一品。具材にはキャベツ、にんじん、ピーマン、玉ねぎを使い、調味料には八丁味噌(はっちょうみそ)と仙台味噌(せんだいみそ)、さらには豆板醤(とうばんじゃん)・甜麺醤(てんめんじゃん)・豆鼓醤(とうちじゃん)を用いている。2種類の味噌に、さらに3種類の醤(じゃん。発酵調味料)を混ぜ合わせることで、甘みや辛みなど多種多様な味わいが口の中で一体化し、深いコクのある立体的な味を演出することになる。そしてこのコクあるみそ味をベースに、ピーマンやにんじんの彩り、キャベツなどのしっかりとした歯ごたえを楽しめる。

「コクみそ野菜牛丼」の場合、写真左下にある通り、野菜は別皿で提供される。大写しの写真のように牛丼にそのままのせ、牛肉と野菜を一度にがっつりといただくのがオーソドックスな食し方だが、あえて別皿のままで食しはじめ、牛肉と野菜を交互に食べていくのも通な食べ方。あるいは最初に牛丼の肉を片方に寄せてご飯を露出させ、その部分に野菜を投入する切り口もありかもしれない。

同社ではすでに類似メニューとして「塩だれ野菜牛丼」が発売中。塩とみその印象の違いを存分に堪能しながら、食べ比べをするのも一興だ。


■関連記事:
【あたらしい豚バラの食べ方?! 「味噌漬け豚バラ焼定食」松屋から発売】
【牛めしと肉みそ茄子の合わせ技「肉味噌茄子コンボ牛めし」松屋で発売】
【オカザえもん大活躍? 岡崎名物の八丁味噌使用パン・デザート、東海のローソンで限定発売】
【モスから和のバーガー「さば味噌」「きんぴら」期間限定で登場】
【これはナルホド女性向け、牛丼小盛とサラダのセット「コモサラ」が吉野家で11月1日販売開始】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー