【更新】おこげ+チョコ=「チョコべい」…おこげを使ったチョコレート菓子登場

2011/08/25 07:01

「チョコべい」森永製菓は2011年8月24日、しょう油で香ばしさを出しながら焼き上げたお米のスナック内部にチョコレートを入れた、新しい発想のチョコスナック「チョコべい」を、同年8月30日から東日本(中部以北)で発売すると発表した。49グラム入りで158円(税込)。スーパー、コンビニエンスストアなどでの販売([発表リリース、PDF])。

↑ 「チョコべい」パッケージ
↑ 「チョコべい」パッケージ

↑ 外観と内部のチョコの様子
↑ 外観と内部のチョコの様子

「チョコべい」は「しょう油」で焼きあげた米スナックの中にチョコレートを入れたスナック菓子で、おこげの香ばしさに加えうまみのきいた適度な塩味、チョコの甘さが絶妙なバランスを創り上げている。さらに外側のおこげによるカリカリと、中のチョコレートによるサクッとした食感が、口の中に含んだ時に生じる「異なる食感を一度に楽しめる」味わいを生み出していく。またパッケージデザインには大きな目が印象的な侍キャラクタを刷り込み、「お米のおこげ」を意味する「べい」と、武士の名前でも良く使われる「兵衛」をかけている。

写真を見る限りでは、中にチョコレートを詰めた小型の揚げ春巻きのようでもある。お米のおこげ独特の味わいがどこまでお菓子として再現されているのか、チョコレートの甘味はどのようなタイプで、「おこげ」とどこまでマッチするのか、気になるところだ。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー