サークルKサンクスの「おいしいスープ&スープごはん」、1周年記念でリニューアル

2011/08/30 12:10

「おいしいスープ&スープごはん」【サークルKサンクス(3337)】は2011年8月29日、“スープで野菜中心の健康的な食生活を提案”をコンセプトに展開してきた『おいしいスープ&スープごはん』シリーズの発売1周年に合わせ、商品をリニューアルし、同年9月27日から全国のサークルKとサンクスで発売すると発表した。低塩・カロリー減・コラーゲンの付与などがポイント(【発表リリース】)。


↑ おいしいスープ&スープごはん一例
↑ おいしいスープ&スープごはん一例

サークルKサンクスではこれまで、手軽に野菜中心の健康的な食生活を提供するため『おいしいスープ&スープごはん』シリーズを販売。今回はこれまでより徹底的に素材にこだわりを見せ、さらなる低塩やカロリーオフ、そしてシリーズ全品でコラーゲン訴求が可能になるなど、利用客の需要に応えられるようにリニューアルされることになった。

具体的なリニューアル内容は次の通り。

・徹底的な素材へのこだわり
「10品目の豚汁」に使用するみそは、4つの地域に分けることで地域特性を追求した商品に。スープも野菜や素材本来の旨みを活かした製法でさらに美味しさに深み。

・シリーズ全商品に「コラーゲン配合」を訴求
今回初めて、シリーズ全商品で「コラーゲン配合」を訴求。たんぱく質の一つで肌の真皮(しんぴ)に含まれるコラーゲンを配合することで、健康的な食生活に“美しさのサポート”を加えて提供。

・品揃えのさらなる拡大
さらなる低塩やカロリーオフとなった商品だけでなく、ここ数年で人気となっている「たまごかけごはん」を再現したものや、しじみ約30個分のオルニチンを配合した豚汁など、さまざまな利用客の要望に応えるため、品揃えを拡大。

リリースを見た限りでは「具だくさんのスープ」系以外に「具が中心でスープがサブ的な煮込み」「雑炊系」など、彩りも豊かでバリエーションも豊富にそろえてあるように見える。これから寒さを覚えるようになり暖かい食材が恋しくなりはじめる季節でもあり、胃にも優しいものが多く、一つのカップで多種多様な食材・栄養が楽しめ摂取できるのは嬉しいところ。このタイプの食品は、今後の各コンビニでのトレンドになるかもしれない。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー