レンジで蒸してヘルシー&野菜たっぷりな「蒸でり」シリーズ、ローソンから登場

2011/09/16 06:35

蒸でり[ローソン(2651)]は2011年9月15日、同年9月20日から同社店舗(ローソンストア100除く)で、食べる直前に電子レンジで調理する蒸し惣菜「蒸でり」シリーズを展開すると発表した。価格330円-380円(【発表リリース】)。


↑ シリーズ4種類「寄せ鍋」「担々鍋」「鮭のちゃんちゃん」「豚のうま辛焼」
↑ シリーズ4種類「寄せ鍋」「担々鍋」「鮭のちゃんちゃん」「豚のうま辛焼」

「蒸でり」シリーズのコンセプトは「電子レンジにかけるだけで、本格的な蒸し料理が楽しめる惣菜」。生の素材を蒸して調理することで、野菜本来の美味しさをできたての温かい状態で食することができる。油を使わずに調理ができる蒸し料理は、手軽さと健康的なところから、女性を中心に人気の高いメニューとして定番化しており、今回商品展開のテーマにもなった。

「蒸でり」ではレンジで3分ほど調理するだけで、蒸しメニューが完成する仕組み。さらに野菜120グラム以上(一日必要量の350グラムの1/3以上)を盛り込み、その上で1食あたりの熱量を300Kcalに抑えている。

今回の「蒸でり」では素材本来の味わいや食感を活かすため、蒸し料理に適した新型容器を開発している。従来の容器は蒸気を逃す蒸気口がフタ上部に1か所のみだったが、今回使用する容器には容器側部に2か所設けている。この位置に蒸気口を設けることによって、容器内に蒸気の対流を生み、野菜の水分を利用して蒸すことが可能となる。

これから寒さが厳しくなる季節に向けての鍋料理の展開はよくある話だが、「蒸す」を調理のペースにした上で「低カロリー」「野菜たっぷり」というヘルシーさをテーマにしたのは、着眼点としては面白い。リリースでも指摘している通り、女性にも受ける料理として注目を集めることになるだろう。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー