松戸市、交通安全啓蒙ポスターとして「萌え」系イラストを採用

2011/09/21 06:26

松戸市交通安全啓蒙ポスター千葉県松戸市は2011年9月20日、同市及び関係団体が二輪事故防止と交通安全の啓蒙のため、新しい交通安全ポスターを制作したと発表した。二輪車両の運転者に若年層が多いことから、イラストレーターの七六氏を起用し、若年層が興味を持ちやすい「今風」のキャラクターを用いている(【発表リリース】)。

↑ 松戸市交通安全ポスター
↑ 松戸市交通安全ポスター

松戸市では多発している二輪事故を一件でも少なくしたいという目的で、「STOP! 二輪事故」というキャッチフレーズを使用している。一方、二輪運転者の年齢は若年層が多いことから、今回若年層が興味を持ちやすい現代風のキャラクターを起用。注意喚起のため、制服をモチーフとした服を着用させることとなった。登場するキャラクターのイラストには、イラストレーターの【七六氏】を起用。また交通安全関係団体では今件キャラクターの名前を「神戸 アミ(かんべ あみ)」と命名している。

ポスターそのものは市内公共施設、町会・自治会の掲示板に張り出され、またイラストなどを用いた立て看板も作成され、要所で活用されていることが七六氏のブログでも報告されている。

松戸市防犯ポスター松戸市は【これはあり......だな・千葉県松戸市の防犯ポスターに魔法少女採用】【松戸の「あり」なポスターを目の前で見てきた】にもあるように、防犯ポスターとして「若者層が興味を持ちやすい」「話題性もあることから多くの人に“防犯活動”を認知(してもらえる)」などの理由で、やはり七六氏による魔法少女ライクな制服姿をした女性(松宮 アヤ(まつみや あや))を描いたものを採用している。

今件「交通安全啓蒙ポスター」はその第二弾的な形で展開したものと考えられる。今回もまた、前回同様に多種多様な面で注目され、「効果」を発揮するに違いない。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー